産後ダイエット

産後の下半身を引き締める-WACOAL「シェイプマミーガードル」

更新日:

3人目を出産して、産後2カ月経過しましたが、まったくお腹のたるみがとれません。

産後は体重も妊娠前と同じまで戻り、産後1カ月経過したので子宮の大きさもほとんど戻っているはずなのに、ぽっこりしたお腹のままです。

20代中ばに産んだ、1人目の時は時間もかからずにお腹周りもすっきりしましたが、2人目、3人目と産んでいくたびにお腹が戻りにくくなっている気がします。

どんどん戻しにくくなった体ですが、諦めずに色々調べてみると産後にガードルを履いて体型を戻しているママさんも多いようです。

スポンサーリンク

産後のガードルはいつから使えるのか

産後すぐにガードルを使って、体を引き締めたいと思うかもしれませんが、出産直後はガードルの使用を控えた方が良いという意見が多数あります。

いつから使えるのかと調べてみると、

ワコールの公式サイトで、シェイプマミーガードルの商品は、

シェイプアップは体調が落ち着いてから始めましょう。

と記載されています。

あいまいな表現なので、どのくらいの時期が目安なのかわかわりません。

なので、産後のガードルが使える時期を調べてみたところ、個々の産後の体調にもよりますが、自然分娩の場合は、悪露が終わり、体調が落ち着いてきた、産後1カ月半~2カ月頃を過ぎたころから使い始める人が多いようです。

私の場合は、産後2カ月までは骨盤の歪みを矯正する「トコちゃんベルト」を使用して、その後3カ月目くらいから産後のガードルを使用しました。

帝王切開の場合は、傷口の痛みなどにより、自然分娩に比べて産後ガードルはゆっくりとしている人が多いようです。

今は自然分娩と同様に帝王切開の場合も、骨盤を締めた方がいいと言われていますが、傷口が痛い時に無理してしまうと、体に負担をかけたり、トラブルになったりと逆効果になってしまうこともあるため、傷口の様子を見ながら購入を考える人も多いようです。

ワコールのシェイプマミーガードルを試着してみた

産後のガードルを考えたときに、

  • アイマーク「トピナガードル」
  • &Beauty「ビューティーシルエット」
  • ローズマダム「ママシェイプガードル」

などの複数の産後ガードルが候補にあがりました。

その中で、大手下着メーカーのWACOALの「シェイプマミーガードル」はネットでも購入者が多く、評判も良いので、実店舗まで行って試着してきました。

実際の店舗ではシェイプマミーガードルの種類は4つあります。

  • 一番有名でしっかり骨盤を引き締めてくれる「MGR378
  • ウエストとお腹周りに効果的な「MGR527」
  • ほどよく引き締め、骨盤にガードルがある「MGR333
  • すっと履ける「 MGR370

 

と種類があるのですが、店員さんに一番引き締め効果があるのはどれか聞いたところ、「MGR378」が装着も大変だけど、一番引き締め効果があると思いますと言っていました。

 

なので、さっそく「MGR378」を試着してみたところ、まず足を入れてガードルをあげようとしましたが、きつい、、、。

 

ジーンズの上から店員さんに測ってもらったところ、ヒップ90くらいなのでサイズは「64」を渡されたのですが「これサイズがあってるの?破れないのかな?」と心配になりました。

 

「シェイプマミーガードル」は、生地がしっかりしていて肌触りや伸縮性が良いのですが、なんとか足とお尻を入れてみまたものの、ホックがなかなか閉まらない。

店員さんにちょっときついんですが、、、と言ってみたところ「ホックはとれにくいような構造になっている為、つけるのもちょっと大変かもしれません」と言われましたが、その前にお腹のたるみが邪魔しています。

 

ただ、先ほども書いたように伸縮性が良いので、生地を引っ張るとなんとお腹周りのホックが止まりました。

 

一番下のホックさえ止まればなんとか、その後は比較的スムーズに上までホックが止まり、チャックを閉めることが出来ました。
ちなみに「シェイプマミーガードル」は履いた後、指一本が入ればジャストサイズなんだそうです。

 

履き終わって指を入れてみると、ちゃんと1本入りました。
154㎝、50㎏ヒップ90の私は「64」がちょうどジャストサイズでした。

 

使ってるうちに緩くなったり、きついなと感じた場合は、マジックテープ式のベルトで調整が簡単にできますので、サイズが少しくらいならば、変わったとしても対応は出来そうです。

ただ引き締め効果はありそうですが、履くときにまずきついし、ホック・チャックとかなり手間はかかりますので、ネットでの口コミでもあるように着脱に面倒だと感じそうですね。

 

シェイプマミーガードルの使用期間はどのくらい

私が産後3カ月の時に店員さんに、「シェイプマミーガードルはいつからいつまで使うものなのですか?」と質問してみました。

「使用期間は産後3ヶ月過ぎてからでも使えますが、出来たら産後1年は体形が変わりやすいので、産後1年間は履いていた方がいいですよ」と教えてもらいました。

なるほど、産後も1年くらいまでは、しっかり引き締めしといた方が良いのか~と勉強になりました。

ワコールのシェイプマミーガードルの効果はあるのか

私の場合は、履いてから2日後までは変化があまりありませんでしたが、4日後お腹のたるみが改善しているように感じます。

授乳する時など、床に座った時にお腹の皮がしわしわだったのですが、そのしわの数が減りました。

夫にお腹が少し細くなっていないかを聞いたところ、「確かにたるみが減っているかも。でも、他のところについてないといいね」と言われました。

余計な一言もありましたが、数日で少なからず見た目に効果があったようです。

 

さすが「WACOAL」!!
値段が高いだけでなく、きちんと効果がありますね。

 

実際にウエスト周りを測ってみたところ、1週間では変化は見られませんでしたが、1カ月使い続けたら-2㎝になりました。

体重が増加していたのにも関わらず、ウエストが細くなったのは本当に嬉しいです。
産後1年ほどは使いたいと思っていますので、どこまで体形が戻るのか期待できそうです。

ワコールのシェイプマミーガードルの難点

まず「装着の面倒くささ」、「履いているうちに太ももの部分が上に上がってきてしまう」、「生地が厚いのでむれやすい」の3点が難点と感じました。

シェイプマミーガードルを装着する上で一番の難点はやはりホックで、トイレに行くたびに外すのが面倒だと感じました。
きちんと補正するためにホックがとれにくくなっているのだとWACOALの店舗で聞きました。確かに履いててホックがずれることはありませんが、装着するときもとれにくいんですね。←意味がわからない!!

なので装着の時は少し力を入れてホックをつけたり、はずしたりすると時間がかからずに着ることが出来ました。

作りはかなりしっかりしているので、今のところホックが壊れそうな気配はありません。しかし、力を入れて使うことで、長く使えるのか多少不安があります。

 

そして太ももの部分。私の太ももが53㎝と太いというのが前提ですが、ここだけ生地が伸びやすく薄いのでどうしても子どもと一緒に走り回っていると上に上がってしまいます。
その都度直すのですが、また動いていると上がってしまいます。

 

それに加えて生地が厚いので、9月になった今の時期でも天気が良かったりするとむれてしまいます。
冬とかは暖かくてよさそうですが、真夏に履くのは辛いと思いますので、シェイプマミーガードルは使う時期を選びそうです。

洗濯しても生地が乾きやすいので、わざわざ洗い替えに2個購入しなくても大丈夫だと思いますので、むれたりするのが嫌じゃなければ年中使えますし、むしろ冬はお腹が暖かいですよ。

 

 

肌触りについては、産後も軽いじんましんなどが起こることがありましたので大丈夫かなと心配していましたが、トコちゃんベルト程度の締め付けなので、問題なく使用できています。
ただし、暑い時期にずっと着ていてむれると、その部分はやはり痒くなってしまいます。

 

追記:産後1カ月以上経過し、私のじんましんがひどくなってからは、シェイプマミーガードルを装着すると痒くなったり、じんましんが頻繁にでるようになってしまいました。

「シェイプマミーガードル」購入すべき人

トコちゃんベルトから「シェイプマミーガードル」に変えたものの、骨盤のサポート力はあるので産後使うのに良いなと感じましたし、何より生地がしっかりしていて、1カ月経過すると効果も見られました。

 

なので、「商品はしっかりした作りのものが欲しい」、「面倒くさくても効果を得たい」や「しっかりと引き締めてくれる感覚が欲しい」は、ワコールのシェイプマミーガードルが向いていると思います。

 

逆に「産後に面倒くさいのは嫌だ」「ガードルっぽく締め付けられるのがきらい」「産後の肌がデリケートになってしまった」という人は、シェイプマミーガードルは合わないと思いますので、購入を見直した方が良いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-産後ダイエット

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.