福島県 三春の桜 子供とお出かけ

日本三大桜のひとつ、三春の滝桜を見に行く-2017

更新日:

takizakura
2016年もお花見の季節になりましたね。

福島の桜の名所は数あれど、一番有名なのはやはり日本の三大桜の1つでもある「三春の滝桜」ではないでしょうか。
毎年見ごろになるとこの東日本を代表する桜を見にたくさんの人が訪れます。

スポンサーリンク

三春の滝桜について

三春の滝桜は日本三大桜のひとつ

史蹟名称天然記念物保存法(1919年制定)により、最初に指定された3本の桜を日本三大桜というそうです。

その日本三大桜はというと、

  • 山高神代桜(やまたかじんだいざくら)山梨県 伝承樹齢2000年:桜の種類はエドヒガンザクラ
  • 根尾谷薄墨桜(ねおだにうすずみさくら)岐阜県 伝承樹齢1400年:桜の種類はエドヒガンザクラ
  • 三春滝桜(みはるたきざくら)福島県 伝承樹齢1000年:桜の種類はベニシダレザクラ

滝桜は日本三大桜の中でも伝承樹齢では一番若い桜なんですが、それでも1000年なんて気が遠くなるような長い年月を経ても咲き続けている桜なのです。

その他にも上記の三大桜とともに「狩宿の下馬ザクラ」(静岡県)、「石戸蒲ザクラ」(埼玉県)を加えた、「日本五大桜」と呼ばれることもあります。

三春の滝桜の所在地

福島県田村郡三春町大字滝字桜久保地内

福島県田村郡三春町大字滝字桜久保296番地

三春の滝桜、2016年の見ごろはいつ?

4月の中旬から下旬となっていますが、三春の滝桜は毎年開花状況にばらつきがあるので、一概に見ごろがいつかというのは言い切れません。

2017年は、29年4月14日午後3時に開花速報がされ、昨年よりも10日遅れとなっています。
4月17日には三春の滝桜が5~8分咲きの状態ですが、15、16日には道路状況が混雑してきております。
桜見物をしている方が増えたのだと思います。

過去28年間の詳しい滝桜の開花状況を知りたい方は、以下を参考にしてください。
[blogcard url="http://www.town.miharu.fukushima.jp/soshiki/7/01takizakura-01-0201kako.html"]

この情報を元に過去10年間の滝桜の状況を考えると、満開になるのが4月の14~27日くらいになりそうですね。
ただ今回は開花時期も4月14日だったことや、急激に気温が暖かくなったこともあり、満開になるのもあ18~19日頃ではないかと感じます。

 

滝桜の知っ得情報

滝桜に到着したら

takizakura-road
車でお越しの場合は駐車場から少し歩いて、(午前6時以降は)滝桜観桜料金所にて観桜料の300円を支払い、大人の女性が歩いて5分くらいかかる坂を上っていきます。
坂の途中には滝桜場内まっぷの看板があり、フォトスポットの場所などが書かれているので確認しておくのも良いですよ。

takizakura-side
坂を上がり切ると、巨大な滝桜を見ることが出来ますので、色々な角度から桜を見てください。

休憩する場所は?

takizakura-kyuukei
坂を下りた場所には三春のご当地グルメなどが売っている売店があったり、その他にもちょこちょことカフェがあったりするので、休憩することが出来ます。

ただし休憩する場所にある椅子は少ないので、混雑時は座れない可能性が高いと思います。

滝桜のライトアップ情報

昼間は横や空に伸びるような大きな滝桜ですが、夜の暗闇の中にライトアップされた滝桜は昼間とは違う雰囲気を感じます。

個人的には昼間は明るいイメージの巨大桜で、夜のライトアップされるた滝桜はちょっと怪しげな桜の姿に見えますので、見に来た際には両方の姿を見れるといいですね。

ただしライトアップされている期間は下記のたった4日間のみで、この期間は地元の人たちも夜桜を狙って見に来ていたりとしますので大変混雑します。

  • 実施日:4月15(土)~23日(日)
  • 時間:午後6時~9時

※開花状況によって変わることがありますので、ご了承ください。

【ライトアップの状況に変更があります】

 

参考までに2015年に家族で夜桜を見に行きましたが、8時過ぎと遅い時間に到着したため渋滞には巻き込まれませんでしたが、滝桜の周りには人がいっぱいで記念撮影するだけでも非常に大変な思いをしました。

費用はどのくらい?

平成22年より滝桜の保護などを目的とするために、観桜料がかかるようになりました。

  • 観桜料 300円(中学生以下は無料)
  • 駐車場(850台):無料

※観桜料の徴収期間は、開花宣言された翌日の午前6時~午後6時(ライトアップ期間中は午後8時30分)までとなります。
身障害をお持ちの方は、障害者手帳により無料です。

三春の滝桜を見に行くには

新幹線・電車で三春駅まで

  • 東北新幹線で約90分間(東京駅⇔郡山駅⇔三春駅)

三春駅から滝桜まで

臨時バス「滝桜号」

郡山駅からの到着列車時刻に合わせた運行予定で、三春駅と滝桜の間をコース内の停留所で当日に限り何度でも乗り降りできる臨時バスですが有料。

  • 運行期間
    平日コース 4月12日(水)~23日(日)
    土日コース 15日、16日、22日、23日
  • 運賃
    大人 1,000円(滝桜観桜料300円を含む)
    中学生 700円
    小学生 350円
    未就学児 無料

無料シャトルバス

三春町運動公園に車を停めると、滝桜まで無料のシャトルバスが出ていますが日程や時間に限りがあります。

  • 運行期間
    ①4月22日(土)・23日(日) 午前8時~午後9時30分 (夜のみ)

※所有時間は片道約15分~20分間隔で運行します。
駐車場・乗車料ともに無料ですが、午後10時には運動公園駐車場を閉鎖しますので、時間までに退車する必要があります。

車でお越しの方

  • 東北自動車道・磐越自動車道で約2時間50分(東京⇔郡山JCT⇔郡山東IC)
  • 常磐自動車道・磐越自動車道で約3時間(東京⇔いわきJTC⇔船引三春IC)
  • 福島空港から車で約40分

滝桜には大型の駐車場がありますので、直接滝桜の近くの場所まで行けますが、道路も駐車場に入るのもかなりの混雑が予想されます。

三春駅からレンタサイクルを使う方法

天気が良くて体力に自信がある方なら、自転車を使って桜観光をするのも面白いと思います。
通常の自転車と電動アシスト付自転車が10台ずつありますので、それを使って街の中も一緒に見ていってください。

・実施期間: 4月~12月
・使用時間: 9時~16時
・使用料金: 1日500円(電動自転車は1,000円)
・使用対象者:中学生以上

三春駅降りてすぐ左側に自転車が置いてあって、貸し出ししてもらえますよ。

混雑を出来るだけ避けたい人へのアドバイス

混雑を緩和する為に、午前6時より滝桜周辺にて交通規制がかかります。
一度渋滞に巻き込まれるとほとんど動けなくなるので、行くなら午前6時近くに行くのがおすすめです。

参考までに2016年度の今年、家族みんなで早起きして5時30分に滝桜に到着して見に行ったところ、渋滞は起きていませんでしたし、桜見学もスムーズに行きました。
7時に帰る時も交通規制は開始されていたものの、渋滞にははまらずに帰途につくことが出来ましたので、早起きは三文の徳ですよ。

三春町には滝桜以外にも桜がいっぱい

三つの春(梅、桃、桜)が一緒にやってくるという説があるほど、春の季節は非常に美しい三春町。

町の中はこの時期は1万本以上のピンクや白の桜の花が咲き誇っており、そのうち約2000本が色々な場所で見られるのは圧巻です。
日本さくらの名所100選にも選ばれるほどです。

滝桜ほど有名ではありませんが、三春町内には他にも桜の名所がたくさんあります。

※上記桜の詳細につきましては後日追記する予定ですが、4月8日(土)~16日(日)、午後6時~10時まで三春町の町内桜の上記の名所8カ所でライトアップがされます(雨天中止)。
その他開花状況によって変更する場合がありますので、ご注意ください。

その他にもライトアップはされないけれども、三春町周辺には個人的におすすめな桜見学できる場所がたくさんありました。

  • 磐越東線 三春駅周辺にある桜
  • 雪村庵の桜(せっそんあんのさくら)

などなど見所はたくさん。
たまには忙しい日常を忘れて、のんびりと長い年月を掛けて育った桜を見ながらゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。
020

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-福島県, 三春の桜, 子供とお出かけ

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.