福島県 子供とお出かけ

本宮市に小さい子でも楽しめる遊び場が新設!スマイルキッズパーク(屋内)に行ってきました

更新日:

福島県本宮市にある「スマイルキッズパーク」。
2014年12月25日のなぜかクリスマスに新設され、とても綺麗で広く、子ども達が安心して遊べる遊び場です。
2015年02月28日はイギリスのウィリアム王子が訪問したり、ゴジてれChu!の「きぼうのコーナー」の撮影が来たことがありますが、意外に知られていない穴場スポット!!

屋内・屋外と施設がありますが、冬なので、今回は「スマイルキッズパーク」の屋内遊び場に行ってきました。

スマイルキッズパーク

入り口を入るとすぐ左手にスタッフのいる受付があります。
受付で簡単な住所と子どもの年齢を記載する紙を貰います。
その紙を記入し、入館証(親のみ)と交換するだけで簡単に入場することが出来ます。

受付を終えるとすぐそばに靴箱がありますので、靴をしまい、ロッカールームに荷物を入れて遊びましょう。
ロッカールームは1回100円を入れて使用しますが、帰る時に100円が戻ってきますので実際は無料で使えます。

スマイルキッズパーク内

プレイルーム・砂遊びの部屋・ジュニアアスリートの部屋・サーキット・ベビーコーナーの部屋と分かれていますので自分の好きな部屋で遊びます。途中移動も自由なので、好きな時に好きな場所で遊んで大丈夫!!
(※サイトに各部屋の対象年齢が載っていましたが、これはあくまで参考だと思います。
対象年齢があっていれば楽しく遊べるという目安だと思いますので、この年齢で無いと入れないわけではありません。)

 

プレイルーム【幼児~小学生(3歳~12歳)】

3歳、1歳の子ども達はほとんどこの部屋で楽しんで遊んでいました。
ボールプールや、エアートラック(ポンポン跳ねながら走れるトランポリンみたいなもの)、大きなすべり台があったりと体をダイナミックに使って遊べます。

私の子供達はなぜか大きなサイコロを転がしたりするのを地味に喜んで、楽しんでいました。

スタッフはこの部屋だけで3~4人くらいいるので安心して遊べますが、子どもの人数が多い時はちょっとゴチャゴチャしている印象(笑)

 

11時10分~ プレイルームでは定期的にエアートラックをしまい、踊ったり、ゲームをするなどの催しがあります。
土曜日に2回ほど行ってみましたが、1回目のときは鬼ごっこ、2回目の時は縄跳びと綱引きでした!!
3歳半の息子はなんとか参加できるレベルですが、1歳半の娘の参加はちょっと難しかったです。

ゲームは気軽に参加ができますし、参加したくない子はその様子を見ていたり、他の場所で遊ぶこともできます。

そしてエアートラックをしまったり、また膨らませる時は、スタッフさんの声掛けがあってからその上に乗って膨らんだんだり、しぼんだりするのを体で体験できます。

私も挑戦してみましたが、面白い!!
小さい子どもは怖がる可能性もありますが、小学生くらいの子どもはかなり楽しめていたみたいです。

ベビールーム【24ヶ月未満の乳幼児】

プレイルームの奥からつながっている、赤ちゃんのお部屋です。
ハイハイできるくらいの子や小さめの子ども達が対象のお部屋だけあって、可愛い遊び道具が多いです。
小さい滑り台やボールプール、ルーピングや絵本などが置いてありました。

1歳半の娘は小さな滑り台に夢中になっていました。
その他にも娘が赤ちゃんの時に使用していた、オーボールラトルが何個も色違いで置いてあって、「あか~」「あお~」なんて楽しそうに持ってきては遊んでいました。

一緒に同伴した3歳半の息子は、隣で必死にブロックを積み上げていました。

この部屋の端っこには授乳室があるので(2部屋)、安心して赤ちゃんを連れてくることができます。

ジュニアアスリートの部屋【小学生(6~12歳)】

受付すぐのところにあり、プレイルームよりももっと体を使って遊びたい大きい子用向けの部屋
ボールに乗ったり、うんていしたり、登り棒があったりと自分で体を支える力が必要な遊具が多くあります。

3歳、1歳の子どもたちは興味深々で部屋に入って行きましたが、お兄ちゃんの真似をしようとしてもできなくあえなく断念(笑)
小さい子どもがこの部屋で遊ぶ為には親がサポートする必要があると思います。
もしくは運動が得意な子や慣れている子なら、小さくても遊べるかも?

サーキット【幼児~小学生(3歳~12歳)】

入り口を出たところにある三輪車で遊べる場所です。
場所はそんなに広くないので、人数が多い時は三輪車が無い可能性もあります。
あと三輪車は2台がギリギリすれ違えるくらいな道幅なので、ぶつからないように親は注意が必要!!

三輪車は1人乗り・2人乗りの三輪車の他に、(レーサーの用な?)変わった形がありました。
私の子ども達は自分で三輪車なんか乗れませんので、ペダルを使わず、もっぱら自分の足でもくもくと移動。

ペダルのこぎ方を教えてみてもなかなかでき無いのですが、自分の足で進んで楽しんでいました。
もう少し大きい子ども達は、自分で三輪車をこいだり、変な形の三輪車を使って楽しんでいました。

砂遊びのお部屋【幼児~小学生(3歳~12歳)

子ども達2人ともあまり興味がなく、入っていないので詳細がわかりませんが、下駄箱近くにありました。
日本発のダンシングサンドを使用しているので、普通の砂の感触と違うそうです。

スコップやバケツ、型抜きなどがあり、中で遊んでいる子供達は楽しそうでした。

※2015年03月30日追記:砂遊びのお部屋に行ってきました。
砂遊びの部屋に入る前に子どもはトイレに行っておくように言われ、保護者と子どもと一緒に入るようになってました。

部屋に入ると保護者の人はタオル1枚をスタッフの人から渡されますので、忘れないように持ち歩いて遊びます。

ダンシングサンドという砂は普通の砂より粘り気があるのか少し固め?のように感じます。
その為、砂がまとまりやすくおだんごや型作りはとてもしやすかったです。

端っこには椅子があるので、お母さんはそこで座りながら子どもと一緒に砂で遊ぶことも出来ます。
妊婦の私にはこの椅子はとても助かる配慮でしたね。

スコップやバケツ、ショベルカー、型はめるものなど砂場で遊べる道具は一通り揃っていましたので、砂場遊びが好きな子どもはゆっくりと遊べると思います。

遊び終えると、決まった場所で砂を落として、足を洗い、手を洗ってからタオルで拭いて終わりました。
人数も少なかったから、普段は砂場で遊ばない息子も娘も楽しんでいました。

砂場で遊ぶ人数が多いと、ゆっくり遊べないかもしれません。

エントランス

受付前にある椅子やテーブルもある休憩所です。
飲食はここで行うことができます。
売店で子ども用にお菓子を購入したり、自動販売機で飲み物を購入できます。

スマイルキッズパークの感想

郡山市にあるペップキッズを少し小さくしたような施設かなと思いました。
ペップキッズを知らない方は、昔の記事を参考にしてください。

[blogcard url="http://kurashi-techo.com/pepkids-koriyama"]

室内なので雨でも気軽に遊べますし、ペップキッズよりも人が少ないので穴場スポットです。
人数が少ないこともあり、ちょっとしたゲームなどが開催されているのがとても面白いです。
スタッフの人もすごく身近で、子ども達と一緒になって遊んでくれるので、子どもを2人連れていた私はとても助かっています。
あとは室外の遊び場がどのようになっているのかがとても気になります。

施設概要

利用時間: ①10時00分から12時30分
②13時00分から15時50分
(※夏休み期間:15時50分~17時00分)
休館日 : 毎週水曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月28日~1月4日)
利用対象年齢 : 乳幼児~小学生まで
(※20歳以上の保護者1人につき、子どもは3名まで入場可)
入場料 : 無料
駐車場 : 有り(無料)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-福島県, 子供とお出かけ

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.