育児グッズ

「スリング」の使用方法についての注意点!!

更新日:

以前の記事で新生児~首が座るまでの時期に「スリング」をおすすめしましたが、「横抱き」での使用方法に危険性があることを知ったので追記しておきます。

新生児期に推奨されているのは基本抱き

日本ベビースリング協会と日本小児股関節研究会がまだ検討の段階ではありますが、スリングの使用方法については、産まれた直後~生後3か月くらいまでの赤ちゃんは現在「基本抱き」と呼ばれる縦抱きの方法が推奨されています。
基本抱きは、他にもコアラ抱き・寄り添い抱きなどと他の名前で呼ばれている場合があります。

新生児が基本抱きになった理由は何か?

個人的には新生児期は「横抱き」の方が赤ちゃんがぐっすり眠ってくれると思うのですが、これはより安全に使えるように小児整形外科学会とベビースリング協会が協議した結果、「基本抱き」と呼ばれる縦抱きを推奨となったそうです。

基本抱きになった理由を調べてみると、新生児期の股関節が不安定な状態でスリングに横抱きで入れてしまうと、どうしてもお母さん側にある赤ちゃんの股関節が、お母さんの体で押されてしまうことで、М字の形でなくなり、股関節脱臼になる恐れがあるそうです。
スリングを使うと赤ちゃん全員が脱臼するというものではありません。

 

抱っこは正面抱き「コアラ抱っこ」をしましょう
赤ちゃんを正面から抱くと、両膝と股関節が曲がったM字型開脚でお 母さん(お父さん)の胸にしがみつく形になります。この正しい抱き方 は、あたかもコアラが木につかまった形であることから「コアラ抱っこ」とも呼ばれています。同様に、両膝と股関節がM字型に曲がっ て使える「正面抱き用の抱っこひも」の使用も問題ありません。
横抱きのスリングは開脚の姿勢がとれず、また、両脚が伸ばされる危険もあるため、注意が必要です

出典:日本小児整形外科学会 「先天性股関節脱臼予防パンフレット」

日本小児整形外科学会では、上記のようにスリングに対して警告をしています。

股関節脱臼は圧倒的に女児に多く(男児の10倍)、生後6か月くらいまでは股関節がずれたり、はずれたり、脱臼したりが起きやすい時期ですので、特に注意が必要となってきます。

基本的には赤ちゃんの足を自然のまま(カエルのような恰好)にしてあげれれば問題がないようです。

スリングでは窒息が起こる可能性がある?

スリングで赤ちゃんが寝てしまったら、布をかけることで暗くできるのでぐっすり眠ってもらえるよ」とスリングを購入した時に言われましたが、この赤ちゃんに布をかぶせることで事故が起きてしまったケースがありました。

 

◆CPSCの警告

過去20年間にスリングの使用による乳児死亡が14件報告されている。このうち4カ月未満の赤ちゃんが12件で2009年だけで3件報告されている。スリングには窒息事故をもたらすおそれがあり、未熟児、双子、虚弱体質や低体重の乳児には特に注意が必要である。強制的な規格が必要な幼児用耐久財のリストに、スリングを追加した。

出典:独立行政法人 国民生活センター 「スリングや抱っこひもなど赤ちゃん用子守帯に注意-窒息、転落、股関節脱臼の危険性も-」

CPSCとは、アメリカの消費者製品安全委員会のことをあらわしていますが、死亡事故まで起きてしまっています。

事故を起こさない為にも赤ちゃんに布がかぶらないように使うこと、そしてこまめに赤ちゃんの様子を見る必要があります。

実際にスリングを横抱きで使っていた時の様子は?

私の場合はスリングを第一子、第二子とずっと使ってきましたが、子どもたちの股関節がおかしいと思うことはありませんでした。
確かに横抱きだと自分の体で片方(自分のお腹側)の足を押してる?ような感じはします。

横抱きにしていると必ず赤ちゃんが脱臼するということではないですし、長男・長女ともに検診の時に異常を指摘されることは幸いにもありませんでした。
脱臼しやすいお子さんなどは悪化につながる可能性があるそうで、小児整形外科学会はスリングの使用をすすめていないようです。

新生児期に基本抱きで使ってみた感想としては

現在次女は2か月になっていますし、首が完全に座っていないものの、自分で頭を10cm以上あげることができるので、スリングで縦抱きにしても不安定さは無く使えましたが、生後1か月未満などの時に使用するには不安定だと思います。

赤ちゃんの頭がグラグラしてしまって安定しないし、日本小児整形外科学会も首が座るまでは頭部を支えるようにしましょうと述べていますので、月齢が低い時のスリング使用は基本抱きだと片手がふさがってしまい不便です。

スリングを使うことについて

赤ちゃんの脱臼に関してはスリングの危険性は他のベビー用品に比べて高いと思いましたが、これは縦抱きにすることで改善された思います。

「スリング」は長男の時からずっと使っているので、もう4年間も愛用してきました。
本当に手軽に使えて楽ですし、便利です。

3人目が産まれていまだにスリングを使用しています。
新生児期から生後3か月の一番使いやすい時期に基本抱きと呼ばれる縦抱きで使用する必要がある今は、以前よりは使い勝手が悪くなったと感じます。

それでも布1枚ですぐに準備ができるし、ある程度大きくなってからの使用もできるので手軽さはありますが、、、。

スリングを使うにしても、抱っこひもを使うにしても、おんぶ紐を使うにしても言えることなのですが、製品を正しい使い方で使わないと事故が起こってしまう可能性が十分あります。
なのでスリングを使いたいと思うのであれば、持っている人に使い方を聞いたり、きちんと説明書を読んだり、またはしっかりスリングの講習を受けた上で使えば、安心して使うことができると思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-育児グッズ

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.