妊娠・出産

産後の痔にならないために注意すべきこと

更新日:

実はたまゆらは2人目出産した後すぐに、「今まで痔でしたか?」と助産師さんに聞かれました。
「そんなことは無かったと思いますが」と言っていたのですが、産後少し経つと排便時に違和感が、、、。

 

お風呂の時に鏡で違和感を確かめようとするのですが、お尻やお腹のお肉に邪魔されてイマイチ見えませんでした。
なのでシャワーで洗ってから、肛門付近を触ると何かポッコリしたものがあり、ちょっと痛いし気になる。

 

この時は私はなんか出てるな。
きっと痔になったんだろうなと実感しましたね。
その後も様子を見てみましたが、座るたびにお尻がちょっと痛い。

 

我慢できる程度の痛みだけど、毎回「少し痛いな~」と思いながら、足をずらしながら座るのが不便でした。
おかげで椅子に座る時はドーナツクッションが手放せませんでした。
(※参考までに私が使っていたのは、オカモト円座 ラバークッション Lです。)

ドーナツクッションは、2人目の産後の時には痔の痛みを和らげる為に、本当に助かりました!!
1人目は直腸まで裂けていたので、産後すぐから痛み止めが出ていたので、むしろあまり痛みを感じなかったかな。

 

産後の1ヶ月検診で先生に痔のことを相談しようと思っていましたが、有難いことに、1ヶ月検診までに何とか痛みがなくなりました。その後は特に問題なく過ごすことが出来ました。

 

さて、産前・産後って痔になりやすいのを知っていますか?
実は妊娠中の便秘から、痔になっている妊婦さんも多いみたいです。

 

妊娠中の体は、ホルモンの影響や赤ちゃんがだんだん大きくなることで腸を圧迫するので便秘になりやすいんです。
それ以外にもつわりなどで水分不足になりやすかったり、運動不足やストレスで便秘を起こしやすいんです。

お母さんになるって10ヶ月間、色々と戦ってばかりですね~!!
お母さんになるってすごいんだなと今更ながら思ってしまいます。

 

そしてこの便秘を悪化させると、便が固くなったり、なかなか出なくてトイレにいる時間が長くなり、「うーん」と頑張って力をいれるようになっていきます。
ここで注意です!!

この排便する時に力を入れたり、長時間座る姿勢を続けることで、肛門に負担がかかったり、傷がついてしまったり、切れてしまったりして、痔になってしまうんだそうです。

ついついお腹が張っていたり、便が固くてなかなか出ない時って気軽にやってしまう行為ですよね。
力を入れないと出ないし、放っておくとお腹が張って気になるし、、、。

 

妊娠中の痔への対策の最善方法は、まずは「便秘」にならないようにするのが一番!!
これは妊娠中だけでなく、産後も同じように言えます。
私の場合は、
おつうじ屋のするっと抹茶

を使って、便秘にならないように気をつけています。
※するっと抹茶の詳しい内容は、前回記事を参考にしてください。
[blogcard url="http://kurashi-techo.com/pregnant-constipation"]

 

そうして妊娠中よりも一番注意が必要なのは出産時!!
出産時は便よりもっと大きい赤ちゃんを出す為に、長時間分娩台で痛みと戦い、その後は頑張っていきむ必要があります。
このいきみによってなんと痔になってしまったり、悪化してしまったりとすることもあります。

 

私はいきむのが下手なのか、1人目の出産なんか会陰どころか直腸まで裂けてしまいましたし、2人目は痔を指摘されましたし踏んだり蹴ったり!
赤ちゃんと会えてすごく嬉しくて感動的時なのに、「ん?なんだか痛いぞ・・・」という感覚がいつもありました(笑)

 

今回3人目の出産時は、上手にいきめて痔にならないように出来るのか今から不安です(また上手くできないかも)。
2人目の時でも痛かったのに、今回は激痛とかになったら嫌だな。。。

 

出産時に痔を悪化させないようにする為には、恥ずかしくても最初から看護師さんに痔があったことなどを伝えておいて、「出産時のいきむ時に肛門をおさえてもらうと良い」そうです!!

もうここだけでいいので、覚えておいてください!!

 
私は確かに2人目の出産時は、肛門を押さえてくれていたな~。
いきみを楽にするのかと思ってたけど、痔を悪化させないようにしてくれたんだ。
助産師さん、ありがとうございますという気持ちでいっぱいです(それでもちょっと痛かったけど、、、)。

 
あとは産後を乗り越えるだけですからね。
この産後もまた赤ちゃんのお世話に追われてなかなか寝れないし、お風呂に入れないから体も温められないし、運動もできないから運動不足になるしでストレスだらけですよね。

 
なので、せめて授乳で水分不足にならないように水は毎日2ℓ以上は飲むようにしましょう。
そしてバランスの良い食生活(特に食物繊維)をとって、寝れる時は充分体を休めてくださいね。

 
あとは辛かったら、お医者さんに行ってしまいましょう。
一度退院するとなかなか時間が取れないから、入院中から痔が怪しかったら先生に相談して薬を貰って退院するほうが良いですよ。

他にはひまし油を肛門に直接塗ったり、ナプキンにつけておくのも効果的なようです。

ひまし油はドラッグストアで簡単に購入できますよ!
産後の痔にならないように願うばかりのたまゆらでした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-妊娠・出産

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.