働く

保育所に預ける? それとも自分で見る?

更新日:

現在、専業主婦歴4年半の私ですが、面接して受かれば就職するか、それとももう少し子どもと一緒にいるかどうかを悩み中です。
育休中だったり、仕事が決まっていてもうこの日から働きますと決まっていれば、子どもを保育所に入れる覚悟ができる気がするのですが、どうしても今はまだ二の足を踏んでしまっています。

 

スポンサーリンク

 

自分で子どもを見るメリット・デメリット

【メリット】

  •  子どもと関われる時間が長い
  • 子どもの成長一つ一つをじっくり見ることができる
  • 比較的子どもの時間に合わせた行動がしやすいので、子どもの時間のかかる行動にも余裕を持って待っていられる
  • 子どもの体調が悪い時も付き添ってあげられる

 

【デメリット】

  • 同じ年齢の子たちと遊ばせようとすると、親が外に連れて行かなければならない
  • 四六時中子どもと一緒なので、ON、OFFの切り替えがしにくい
  • 遊びがある程度限られたり、同じものになってしまうことが多い
  • 収入が少なくなる

 

保育所に入れるメリット・デメリット

【メリット】

  • 親が家で見ているときには得られない経験・体験ができる
  • 異年齢の子ども達と関りを持つことができる
  • 親が仕事に専念することが出来る

 

【デメリット】

  • 保育所まで送迎が必要
  • 保育料がかかる(1人目は特に高額になりやすい)
  • 風邪など病気を貰ってくる確率が高くなる
  • 子どもと一緒にいられる時間が短くなる

 

周囲の人の意見はあくまで参考

周囲の人で3歳神話のような「子どもを保育所に入れるなんてか可哀そうだ」「3歳までは母親が見るべきだ」という意見や、逆に専業主婦に対して「いつまで家で子どもを見てるの」「仕事を探さないの」などと色々と自分の考えを押し付けてくる人がいます。

私も長男の月齢が低い時には「子どもは母親といた方が良い」と言われたり、反対に「保育所に行くと話が早くできるようになる」と周りの人から言われたことがあります。

私もそんな勝手な意見に当初は悩んだりしたものでした。
しかし、子ども3人を育てている今となっては、育児に対する考え方は皆違っているし、その家庭がそうする必要がある、もしくはそうしたいという希望があるならどんな形でもいいのではないかと思えるようになりました。

もちろん保育所に入れればその分子どもと関わる時間は減ってしまうので、一緒にいる時間を子どもに愛情を持って接する必要はあると思いますし、最初は子どもも寂しかったり大泣きになる可能性があることを覚悟しなくてはいけないと思います。

 

家庭のことに口出しする人の多くは自分の経験や体験からこうすべきと言っているだけで、本人の家庭状況を考えてアドバイスしているわけではないことが多いですよね。
周りから色々と言われても最後は自己責任なので、自分の家庭や子どもの状況を総合的に自分で(夫婦で)判断してひとつひとつの選択をしていく必要があると思います。

 

最後に・・・

我が家の場合は、夫は「生活は厳しいけど、出来たらもう少し家で子ども達と一緒にいてほしい。ただ、どうしても今から働きたいというなら考えてみる」と言ってくれるようになりました。
それに加えて「中途半端に悩むくらいなら、今は保育所に入れなくていいと思う。保育所に入れたことへの影響を考えるよりも、(私が)周りの意見に流されて自分の意見がしっかりしていない方が子どもにとって悪影響だと思うよ」と言われてしまいました。本当にその通りですね。

子どもと一緒にいる時間と愛情はイコールではないとわかっているのですが、私が子どもと関われる時間が減ることで、一緒にいられる時間で子ども達全員に愛情をかけて接してあげられるだろうかという不安はあります。

専業主婦として4年間子どもたちを家で見てきましたが、家にいたから愛情をしっかりかけてあげられたかというとこれもまた自信がなく、四六時中一緒にいるからこそ子どもに些細なことで注意したり、疲れてしまって一緒に遊ぶ気にならなかったり、時には子どもたちから離れて出かけてみたいなと思うことさえあります。

 

私の考えがしっかりしていなければ子どもも不安になってしまうと思うので、まずは私が仕事をするかどうか(面接を受けるかどうか)をちゃんと決めたうえで、働くと決めたなら覚悟して子どもを保育所にいれようと思います。

「本当は家で見ていたいけど」と不安な顔をしている母親より、「いってきます」と笑顔でいってくれる母親の方が子どもだって悲しくても前向きになれるような気がします。

保育所に入れようが自宅で見ようが、親が毎日を懸命に過ごしている姿を子どももちゃんと見ていると信じて、今子ども達と過ごせる時間を大事にしていこうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-働く

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.