妊活

妊娠希望している人 必須なサプリ「葉酸」って?

更新日:

妊娠希望している人には是非とっておきたい栄養素である「葉酸」。
言葉だけでも知っている人も多いのではないでしょうか?

葉酸はほうれん草などに多く含まれており、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつです。

葉酸はビタミンB群の仲間で、妊娠する前から葉酸のサプリを飲むといいと言われています。

妊娠する前から葉酸を飲む理由

葉酸を飲んでおくと良い理由としては、妊娠初期における葉酸摂取の不足により、胎児における神経管閉鎖障害の発症率が高まるのを予防できるからです。

参考までに神経管閉鎖障害とは、排泄障害や歩行困難などを伴う脊椎の障害である二分脊椎症や脳の欠損を伴う無脳症などのことを言いますが、この説明ではまだわかりづらいですよね。

もうちょっと簡単に言うと、脊椎に異常が出来てしまうことで、歩けなかったり、おしっこやうんちの排泄が頻繁にあったり逆にでなかったり、脳の異常によって体は大きくなるのに頭が成長しないということが起こります。

 

これは1998年日本での出産(死産を含む)1万人に対し、神経管閉鎖障害は6人、うち二分脊椎の障害は3.2人程度とされていますので、1万人に対して数人くらいなら、少ないのかな?とも感じますが、俳優の大沢樹生さんの子どもも無脳症であったことが知られていますし、実は私の母も無脳症で子どもを亡くした経験を持っています。

 

確率的には低くても、身近にある病気です。

 

この発症リスクを減らす効果があるとわかったのが「葉酸」の摂取というわけです。

葉酸について

日本では2000年に妊娠希望をしている女性に対して、栄養補助食品から1日0.4mg(400μg)の葉酸を摂取するように呼びかけていますし、他の国でも葉酸の摂取は推奨されています。
そのくらい大事な要素だから、赤ちゃんグッズを売っているお店では、よく葉酸を見かけます。

 

葉酸を食事で取れるならもちろん食事でとる方がいいのですが、なんとこの葉酸は水や熱に弱いんです。
その為、どうしても調理すると少なくなってしまいます。

なので妊娠を希望する女性や可能性のある女性に対し、食事の補助として、サプリで葉酸を取るようにすすめています。

 

ちなみに神経管は妊娠7週(2ヶ月)には形成されるので、妊娠がわかってから葉酸サプリを飲んだとしても間に合わない可能性が高いです。なので、妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月の期間はしっかり葉酸のサプリをとれるようにすると良いですよ。

 

もちろん妊娠に気づかず飲んでいないこともあるでしょう。
私も1人目の時は葉酸の大事さを知らずに、脊椎の出来る期間を過ぎてからの妊娠8週頃~4か月くらいまでの間飲んでいましが、葉酸の摂取だけで完全に予防できるものではないし、発症率も高くはないので、気にしなくても大丈夫だと以前に助産師さんから言われました。

葉酸の服用は食後30分以内に

葉酸をとったからと言って、完全に神経管閉鎖障害を予防できるものではありませんが、それでも確実にリスクを減らすことはできます。

 

なのでもし妊娠していなくて、妊娠を希望している人は今からでも是非葉酸のサプリを飲んでみてくださいね。
飲むのは食後30分以内が効果的なようです。

 

ただし「葉酸」は水溶性ビタミンなので、多く摂りすぎても尿や汗から出ていきますし、安全性は高いのですが摂り過ぎは良くないです。
1日1,000マイクログラム以上を摂ることは避けてください。
とはいえ、栄養士さんに葉酸は食事では1,000マイクログラムを超えることはないと言われましたので、サプリで目安量を守れば問題ないそうです。

何事もほどほどが一番!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-妊活

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.