妊娠・出産

桶谷式母乳育児相談室に行った感想

更新日:

第1子出産後に母乳が出なくて悩んでいたところ、長男を出産した病院から毎日のようにおっぱいマッサージをするように言われ、その通りに実践していましたが今度は母乳が出すぎてしまいおっぱいがものすごく張って痛くなってしまいました。

初めてのことで不安になったので、出産した産婦人科におっぱいの様子を診てもらいに行くと、その時に対応してくれた助産師さんが「まだしこりもないから大丈夫。ちゃんと毎日マッサージしてね」と言われたので、その言葉を信じて毎日マッサージをした結果、もっと胸が張るようになって痛みを感じるようになり状況が悪化してしまいました。

 

これはまずいんじゃないかと心配になり、もう一度産婦人科に電話をかけましたが「どうしても気になるようでしたら、助産師外来の時に来てください」と言われ悩んでいたところ、夫が「桶谷式母乳育児相談室というところがあるみたいだから、行ってみたらどうかな」と調べて教えてくれました。

スポンサーリンク

 

桶谷式母乳育児相談室とは

桶谷式乳房管理法研鑽会 の公式サイトによれば、

私達の相談室は、かわいい赤ちゃんが生まれておっぱいで育てたいと思われても、スムーズに母乳育児ができない、赤ちゃんが吸い付けない、おっぱいがバンバンに張る、おっぱいが痛い、おっぱいが足りない、断乳(卒乳)の仕方がわからないなど、母乳育児に不安を抱えておられるお母さん方に、乳房マッサージを行い、授乳指導援助、搾乳指導援助、を行っています

出典:桶谷式乳房管理法研鑽会 公式サイト 「桶谷式のご紹介」 より

と書いてありますので、母乳で育てたいと思っていてなかなかうまくいかない人や私のようにおっぱいのトラブルがあって通う人が多いようです。

 

桶谷式は全国に様々な相談室がある為、個々の相談室によって対応や指導の違いがあるようですが、産婦人科で基本的に行われるような力を入れて行うマッサージではなく、桶谷式治療手技と呼ばれる痛くないマッサージによって母乳をでやすくしてくれます。
また、母乳育児を強く推進しているので、母乳育児を希望しているお母さんたちに色々とアドバイスしてくれることから人気があります。

 

私が行った桶谷式母乳育児相談室の様子

長男が生まれた頃なので今から4年以上も前の話になってしまいますが、桶谷式母乳育児相談室にまず電話で予約を入れようとすると「一番早くて、2週間後になります」と言われてしまい、すぐに予約がとれませんでした。

 

2週間後の予約した日に行ってみると、私が行った桶谷式母乳育児相談室は普通のマンションの1室にあり、比較的若い(たぶん30代くらい)助産師さんが対応してくれました。

記入用紙を貰い、今回のおっぱいのトラブルの内容や子どもの出生状況など簡単な内容を記入しました。
その後に赤ちゃんの体重を測り、私自身もベッドに横たわっておっぱいマッサージをしてもらいましたが、この時にはおっぱいにしこりがかなり溜まっていたようで、助産師さんもずいぶん苦戦して30分以上おっぱいマッサージをしてくれていました。

マッサージはネットの評判通りで、かなり張っていて、しこりもある私のおっぱいでしたが、痛みもなく母乳がピューピューと飛んでだいぶおっぱいも軽くなり、乳首も子どもが飲みやすいように伸ばして貰ったりして楽になりました。
ただし頑固なしこりはおっぱいの根元のほうにまであったのか、これは赤ちゃんに飲んでもらうしか方法が無いと言われ、そのあとは授乳の仕方を5~10分程度で簡単に教わりました。
私としてはこの授乳の姿勢が自分の方法で良いのかを知りたかったのですが、見本を2回くらい見せてもらって、あとは「違うよ~」とか「そう、その姿勢が楽でしょ」と簡単に説明を受けましたが、イマイチ授乳の姿勢はわからなかったです。

そして私のおっぱいが張っていて赤ちゃんが飲みにくいからということで、赤ちゃんに授乳する前におっぱいの乳首の周りの乳輪を、縦10回、横10回搾乳してから飲ませてくださいと言われましたが、これを毎回実践するのはなかなか大変で面倒くさがり屋の私は途中で実践しなくなりました。

 

助産師さんに「次も予約しますか」と聞かれたので、まだ授乳がうまくできるか不安がだったので予約してもう一度来ましたが、定期的に通うかどうかは自分次第で決められます。
ただ一度終了させてしまうと、また次の時に予約したいとすると空きがある時まで待たなくてはいけません。

 

実際にかかった費用は

初回は5,000円かかりましたが、次の回では3,000円ですみました。
その他に費用がかかることはありません。

母乳マッサージの時に使ったタオルはいただけるので、「母乳育児相談室」と書かれているタオルは今でも我が家に置いてあります。

 

桶谷式母乳育児相談室に行ってみた感想

桶谷式の母乳マッサージは確かに痛みもなく、その後のおっぱいのトラブルの改善につながったと思いますので個人的に通ってよかったです。
ただし「夜でも赤ちゃんを起こして、長くても3時間ごとには授乳してください」「母乳に悪いような食事は改善してください」「授乳する前には必ず搾乳した後で飲ませてください」「赤ちゃんの体重の増加は十分だから、泣いたらおっぱいはやめて最低でも授乳と授乳の間の時間を1時間半は開けてください」などかなり細かく指導されます。

この指導通りに母乳育児をするのはかなりしんどいと思います。
なので自分と赤ちゃんの生活の中で取り入れられる部分は取り入れ、難しいところは省いても良いのではないかと思います。
私はいくつか取り入れてみましたが、続けられたのは食事ぐらいで他はあまり続きませんでした。

桶谷式と一言で言っても、その助産師さんとの相性もあるので、無理してまで続ける必要はないと思います。
正直、桶谷式の母乳育児は母乳育児を強く推進しているので、私が行ったところのように指導内容が厳しい場合も結構あり、その指導方法で上手くいく人もいますが負担になっている人もいるようです。
ただ母乳育児を希望していてなかなか上手くいかないなと思ったときに、私自身もおっぱいのトラブルの改善や、今後の母乳育児がスムーズに乗ったので、相談できる場所として知っておいて損はないと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-妊娠・出産

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.