妊娠・出産

マタニティ服って必要なの?実体験で思ったこと

更新日:


3人目を妊娠中で、現在臨月に入りました。
明日から正期産に入るので、そろそろ赤ちゃんに会える日も近づいてきました。

そこで、もう使わなくなるであろうマタニティ服について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

私が持っているマタニティ服の数

子ども2人を産んだ後はしまっておいたマタニティ服。
3人目を妊娠してからまた引っ張り出してきたのですが、実際はどのくらい枚数があったかといういうと、

・マタニティパジャマ ・・・ 3着(長袖2着、半袖1着)
・マタニティズボン ・・・ 2着
・マタニティタイツ ・・・ 1着
・マタニティストッキング ・・・ 1着
・マタニティ・授乳服(上) ・・・ 4着

11着だけでした!!
マタニティー用の下着(パンツ、ブラジャー)は他にも何着か購入していますが、洋服は1人目の時から購入したものを全部含めてこの枚数です。

この数をあなたは少ないと思いますか。
それと多いますか。

私はマタニティ服は、1人目の妊娠から現在の3人目までの妊娠期間(合計:30か月)を最低限、今持っている11枚で乗り切れると思いますし、私はマタニティ服を買いませんという人がいてもよいと思うので必要ならば買い足す程度で良いと思います。
 

この11着についてもう少し詳しく書くと、

マタニティパジャマ

[個人的感想:買っても買わなくてもOK]

私はマタニティーパジャマを3着購入しましたが、普通の上下に分かれているパジャマでも産前や入院中でも問題なく使えるので、わざわざ購入しなくても大丈夫だと思います。
ただし普通のパジャマの場合は、ズボンに関しては妊娠中にお腹が大きくなるときつくなり入らなくなる場合があるので、その場合はマタニティパジャマを購入しても良いのではないのでしょうか。

私の場合は今回の3人目の妊娠後期の時期に皮膚炎になってしまった為、最初は普通のパジャマのズボンを履いていたのですが、ウエストのゴムの部分が締め付けられてしまい、締め付けられた部分が異常に痒くなってしまったので買っておいて良かったなと思いました。

ですが2人目までは普通のゴムのゆったりめのパジャマでも問題なく過ごせましたし、購入したマタニティパジャマが授乳口がボタンになっているものは面倒くさくて、最終的には前のボタンをはずして授乳していましたので、購入をしなくても乗り切れますよ。

あと気を付けたいのが、特に出産直後の入院期間中は悪露などがあってパジャマが汚れてしまうことも多いので、お気に入りのパジャマは使わないほうが良いですよ!!

マタニティズボン

[個人的感想:買うことをオススメ]

マタニティズボンは2着しか持っていないのですが、これは絶対買っておいた方が便利です。
私はだいたい妊娠5~6ヶ月くらいから使っていますが、最初はお腹周りがゆるゆるで使いづらいかもしれません(歩いてるとズボンが下がってきたりします)。

それもマタニティズボンを履く時期も妊娠初期から使う人もいれば、ギリギリまで使わない人もいるので個人差があります。

でも普通のズボンだとよほどお腹回りが大きくならない場合を除いて、いつかは入らなくなるので、ボタンをはずして着たり、ワンピースを使って乗り切ったりするのですが、寒い時期はスカートだけでは寒いし、ズボンのボタンやチャックを緩めると当たり前ですが落ちてきます。
(※参考までに私の臨月の腹囲は、1人目88㎝、2人目86㎝、3人目89㎝でした)

2人目・3人目を妊娠中の時は、ズボンだと上の子どもと気兼ねなく動くことも出来るので良かったです。
私は妊娠中に動きやすいからよくズボンを着ているので、さすがに3人目の臨月になってズボンが薄くなってきました。
ですがあと1ヶ月なので、節約の為にもこのまま新しく買わずに行きます。

マタニティタイツ

[個人的感想:冬の時期はあったら便利]

冬の寒い時期に妊娠後期にかぶらなければ、暑いので正直いらないと思います。
私は1人目、2人目は妊娠後期は春~夏のあったかい時期になっていたので使いませんでしたし(妊娠中期は普通のタイツ使用)、特に困らなかったのですが、今回3人目でお腹の冷え防止に購入してみました。

普通のタイツとは違ってお腹周りにボタンがあるので、サイズを調整できるのは良かったです。
ズボンが乾かない時などは、タイツ履いて、スカート履いてとオシャレも比較的しやすいと思いますが、無くても特に困らないと思いました。

マタニティストッキング

[個人的感想:必要なときだけで十分]

2人目、3人目の妊娠時に結婚式に呼ばれた為に購入しました。
冠婚葬祭とか仕事で必要な人以外は、特にいらいないと思います。

マタニティ・授乳服

[個人的感想:買っても買わなくてもOK]

私は4着持ってはいますし、ゆったりとしていて、あれば授乳しやすくて楽なんですが前開きの服とかでも対応が出来ます。
マタニティ・授乳服は最近ではかなり可愛いものも増えてきたましたが、それでもまだ種類も少ないし、お値段もけっこう高めだったりするので、必要な時に数枚持っている程度でいいんではないでしょうか。

ただやはり産後の授乳する時には、普通の服だとボタンを毎回はずすのが手間だったり、多少胸元が見えてしまうので、恥ずかしいと思う人はあった方が便利だと思います。

 

個人的にはマタニティ服はたくさん持っていなくても、他の洋服でも対応できると思いますが、ズボンだけはお腹周りがどうしてもかなり大きくなるので、他の洋服だと入らないと思います。

私は妊娠中はあるもので使い回しをしてオシャレも何もなかったですが、、、病院行くとオシャレな妊婦さんも見かけて、とても可愛いですし、せっかくなので、モデルさんや芸能人のようにオシャレなマタニティライフを目指すのも面白そうですね。

マタニティ服を買うなら、授乳服機能があるものを選ぶ

妊娠中よりどちらかというと、母乳が出るのならば産後の授乳服の方が必要性があると思います。
産後赤ちゃんが泣いているときに授乳服+授乳ブラだと、周りに気づかれることなく母乳を上げることが出来るので楽です。
先ほども書きましたが、普通の服でも対応は出来るのですが、授乳服と違っておっぱいが隠れにくいです。

それに加えてどうしても赤ちゃんが産まれると、おじいちゃんやおばあちゃんは赤ちゃんを見たがって、義理の実家や自分の実家などに呼ばれる頻度があがりますので、外出時に授乳する可能性が高くなります。
呼ばれなくても、外出先で声をかけられる可能性が非常に高くなります(笑)

外出先でも授乳できるようにと私は授乳ストールを購入しましたが、ストールは赤ちゃんが慣れていない場合だと、いつもと違った様子に逆に泣かれてしまう可能性があります。
私は初めて外出時に授乳ストールを使ったら大泣きされてしまって、大変な目にあったことがあります。

なのでマタニティ服を購入するのであれば、授乳服としても使うことのできる洋服を購入した方が長く使うことが出来るのでおススメです。

ゆるっとキレイに着こなす授乳服

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-妊娠・出産

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.