福島県 子供とお出かけ

冬になったらいちご狩り!いっぱい食べられる「郡山いちご園」

更新日:

koriyama-ichigoen-tatemono
福島県郡山市にある「郡山いちご園」。
郡山市唯一のいちご園ということで、小さい子ども連れの家族で賑わっています。

食べ物の安全管理をしっかりしている郡山いちご園では毎年放射線検査をおこなっており、セシウムが検出されていないので安心していちごを味わって食べることが出来ます。

私は今回家族で2月中旬の土曜日の午前中に行ってきました。

開園後すぐ(10時10分くらい)に到着していたこともあり、すぐにいちご狩りをすることが出来ましたが、開園して時間もたっていないのに、もう4組くらいの家族がいましたし、帰る時間(10時45分※30分食べ放題)には10組以上の家族が来ていましたので早めの行動がおススメです。

さて、郡山いちご園の様子についてですが、

スポンサーリンク

郡山いちご園の受付をしよう

受付に行くとすぐに人数分の入園料を払って、受付がある同じハウス内のいちご狩りの場所まで案内されます。

その際にカバンは持って入れないので、受付の前にカバンは車に置いてきましょう。
入り口の前にもカバンについて持ち込めないと注意書きされていましたが、我が家は気づかずに一度車までもどるはめになりました。

貴重品に関しては無料で専用の袋を貸してくれますので、荷物は最低限だけ手にもつようにして受付しましょう。

郡山いちご園に入場した後の様子

受付を終えると、お店の人がいちご狩りができる同じハウス内の場所まで案内と説明をしてくれます。

郡山いちご園ではハウスの中の全てを自由に回れるわけではなく、お店の人からこの列でお願いしますと言われますのでそれに従っていちご狩りを始めます。

今回私たちが案内された場所は「とちおとめ」と「ふくはるか」という2つの品種が2列ずつOKだったので、4列を自由に食べ歩くことが出来ました。

b

ふくはるか」は福島県で開発された新品種です。
味が濃く、甘味と酸味のバランスが良いため、男性や子どもに人気があるそうです。

 

2月中旬に行ってみて、個人的な感想としては、「ふくはるか」の方が「とちおとめ」より甘味があり、美味しかったです。

最初「ふくはるか」を食べたので、特にその後行った「とちおとめ」は味が薄く甘味が少なく感じてしまいました。

a

食べられないいちごの列に関しては、テープが貼ってあり、入れないようになっているので間違えることはありません。

4列というと少ないイメージがあるかもしれないですが、1列が結構長いので、十分いちごを食べることが出来ますし、列の間は大人2人が気をつけながら、すれ違えるくらいの幅があります。

郡山いちご園はこどもでも楽しめるのか?

我が家の場合は1歳8ヶ月の娘はさすがに自分でいちごをとれなかったので、私と一緒に歩いてとってあげるのを黙々と食べていました。

3歳半の息子は立って自分でいちごをとれるので楽しめていましたが、それでもまだ上手にいちごをとれないことも多く、途中に大人の手助けが必要となってきます。

郡山いちご園はいちごをとる時に膝を曲げてとるのではなく、立ったままでも届く場所にいちごがあるので、食べやすかったし、楽しみやすかったです。

いちごをとる場所の高さも段々になっているので、3歳半の息子(95㎝)がたってちょうどとりやすいところから、154cmの私が簡単にとれるようなところとありました。

子ども達がもう少し大きくなるとまた感想も違ってくるのかなと思いますが、1歳半を超えているのであれば月齢に応じた楽しみ方があると思います。

土日祝日限定の豚汁情報!などについて

土日祝日に行くと1人一杯の豚汁を無料で、いちご狩りした後に食べることが出来ます。

豚汁の中身はちょっと少なく感じましたが(笑)、いちごをたくさん食べているのでお腹はパンパンでしたが、せっかく行くなら土日祝日の豚汁を狙って行くのはどうでしょうか。

tonjiru

トイレはいちご狩りの建物とは別にありますので、入る前に出来るだけトイレに行っておきましょう。

もちろん授乳室はないですし、寒い時期にちょっとハイハイできるようなスペースも無いので、個人的には1歳前の子どもを連れて行くのはあまりおススメできないかなと思います。

 

実際に来ている人たちも、1歳半以上くらいの子ども連れの人が多かったです。

いちご狩りということもあるのか子ども連れのファミリーが多く来ていましたが、成人したようなファミリーやグループもいました。

施設概要

開園期間: 1月~6月上旬 (収穫状況による) ※2015年は1月2日~開始
開園時間: 平日 : 10時00分~15時00分
土日祝: 10時00分~15時30分
駐車場 : 有り(無料)
トイレ : あり

住所:福島県郡山市日和田町字不動坦5-23
電話番号:024‐958‐6302
公式サイト:郡山いちご園 公式サイト

取り扱いイチゴの品種:とちおとめ、ふくはるか

イチゴの収穫状況によっては平日など開園していない場合がありますので、電話で問い合わせしたりして確認してから行った方が安心です。

また練乳の持ち込みはOKと言われたので、こぼさないように楽しんで食べましょう。

料金

入園料:

1月~5月の連休まで 5月
70歳以上 1,200円 600円
大人(7歳以上) 1,600円 1,000円
3歳~6歳 700円 300円
3歳未満 500円 無料

その他、10名以上団体割引など有。

公式サイトなどでは割引クーポンがありませんでしたが、今回は福島県フリーペーパの2月号「だいすき」にクーポンを発見したので、1人あたり200円引きになりましたので、4人で800円お得になりました。

※追記:その年によってはクーポンがないことがありますので、ご注意ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-福島県, 子供とお出かけ

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.