育児グッズ

フォローアップミルクを使う?そもそもどんなものなのか?

更新日:

baby-bottle

私は上の子供2人は完全母乳で育てていたため、フォローアップミルクを一切使わずに離乳食を終えましたが、今回3人目である次女に関しては生後5か月目から夜に粉ミルクを1回足すようにしていています。

そんな中、他のお母さんたちと話していると9か月頃になると粉ミルクではなく「フォローアップミルク」を使う人もいるようで、次女にも生後9か月頃になったら使ったほうが良いのかなと思うようになりました。

他のお母さんたちの話を参考にすると、1歳の子供がいるお母さんは「粉ミルクで栄養が足りるっていうから使ってないな」と言って使っていない場合や、逆に3歳のこどもを持つお母さんは「私は2歳くらいまでこどもにフォローアップミルク飲ませていたよ」と長く使っていた人もいてそれぞれでした。

私は子供に対してそもそもフォローアップミルクのことがよくわかっていない為に飲ませた方が良いのか、それとも飲ませなくてもよいものなのかがわからないので調べてみることにしました。

スポンサーリンク

フォローアップミルクとは何か?

フォローアップミルクは離乳食が3回食になった頃から、離乳食で不足しやすい鉄やビタミン、ミネラル、たんぱく質、脂質などを補うことができます。

離乳食を補うものとしてフォローアップミルクはあるので、離乳食が3回食になった生後9か月~1歳くらいから始め、3歳頃までが飲む目安となるようですが、あくまでこれは目安にすぎず1歳を過ぎてやめてしまう子供から、長いと3歳を超えて飲んでいる子供もいます。

もし生後9か月頃になっても離乳食の進みがゆっくりで2回食だったりした場合などはすぐにフォローアップミルクに変える必要はなく、まずは離乳食をしっかりと3回食などにするなど離乳食に力を入れていき、それでもこどもがしっかり離乳食を食べてくれないなと思ったらフォローアップミルクをたすのが良いみたいですね。

新生児期から飲める粉ミルクとフォローアップミルク、牛乳との違い

新生児期から飲める粉ミルクは母乳に近い成分が含まれているので、母乳と同じような様々な成分が入っています。

これに比べてフォローアップミルクは、先ほども書いたようにある程度離乳食を食べるようになった時期に不足しがちな鉄などの栄養素を補うために作られているので、粉ミルクより栄養成分が少なくなりますが、牛乳よりも鉄分やビタミンなどが含まれていて全体的な食事のバランスをとることが出来ます。

離乳食がどんどん進んでいくと1歳頃から牛乳を飲むことが出来るようになりますが、牛乳に関してはアレルギーが出てしまったり、なかなか飲んでくれないなどの問題が出るこどももいるので、まずは自分のこどもが離乳食をどのくらい食べれるようになってきたのか?ちゃんと色々な食材を食べて栄養がとれるようになっているのかを確認して、まだ粉ミルクだけでも良いのか、フォローアップミルクに変えるべきなのか、牛乳にした方が良いのかを選びます。

もし牛乳でアレルギーがでたりした場合は、フォローアップミルクなどで補うことが出来ます。

フォローアップミルクの種類や特徴

フォローアップミルクと一言で言っても、新生児期から使える粉ミルクと同じように様々なメーカーから出ています。

メーカーとフォローアップミルクの値段などですが、

  • WaKoDo 「ぐんぐん」・・・850g ¥1,488(2016年01月07日 Amazon)

使用時期の目安:満9か月頃から3歳頃まで

  • アイクレオ ・・・850g ¥3,702(2016年01月07日 Amazon)

使用時期の目安:満9か月頃から3歳頃まで

  • 森永 「チルミル」・・・820g ¥1,490(2016年01月07日 Amazon)

使用時期の目安:満1歳頃から満3歳頃まで

  • ビーンスターク 「たっち」・・・850g ¥1,480(2016年01月07日 Amazon)

使用時期の目安:満9か月頃から3歳頃まで

  • 明治 「ステップ」・・・820g¥2,240(2016年01月07日 Amazon)

使用時期の目安:1歳から3歳頃まで

 

メーカーによって価格がかなり違ってきています。
比較的アイクレオは他のメーカーより値段が高く、その分安心感があると評価が高いようですが、そこまで成分の違いは無いということで赤ちゃんの好みや飲み具合によって購入を決めている人もいます。

私の友人も赤ちゃんにフォローアップミルクを飲ませようとしたら、まったく飲まなかったので断念したと言っていたので、まずは自分が良さそうだなと思ったメーカーフォローアップミルクをまずはお試しをするのが良いと思います。

フォローアップミルクを使った離乳食レシピ

新生児期から使える粉ミルクのように哺乳瓶からフォローアップミルクを使うこともできますが、離乳食などの食事に使うこともできます。
アイクレオと森永のサイトではフォローアップミルクを使ったレシピが載っていましたので、是非参考にしてみてください。

最終的にフォローアップミルクは必要なのか?

離乳食をしっかりたべるこどもで、栄養もちゃんととれているのであれば無理してフォローアップミルクを必要はないのかなと思います。

 

ただしどうしても月齢が小さい場合は、食べる時にむらがあって食べなかったり、好き嫌いをしたりしてバランスよくうまく栄養が取れないことも多いと思うので、そういった時には「フォローアップミルク」を使った方がよさそうだなと感じました。

逆に牛乳よりもフォローアップミルクは粉ミルクに近い甘さがあるようで、なかなか大きくなってもやめられないこどももいるようなので、あくまでも離乳食でしっかりと食べれない時期に足りない分の栄養を補うものであることを忘れないようにしておきたいですね。

 

私の場合は離乳食が3回になっても、たぶんこどもにきちんとバランス良く食べさせること(食べてくれること)が出来ないと思うので、その時に購入をして試してみようと思います。

 

追記:離乳食時期において母乳で育っている赤ちゃんにとって、日本小児科学会、アメリカ小児科学会はフォローアップミルクの必要性を認めていないようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-育児グッズ

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.