お金

ファイナンシャルプランナーにお金の相談をしてみた!

更新日:

ichimanensatu

あなたはお金に対する不安を抱えていないでしょうか。
私はあります。

この不安は何が原因なのでしょうか。
「収入が少ない」、「支出が多すぎる」、「毎月家計が赤字」など、原因がわかっていれば対応策を考えれば良いのですが、もっと漠然とした何か・・・私の場合は「将来に対する見通しがつかない」ことだったのです。

私は、夫と子供3人の家族5人で、夫の給料と今まで貯めてきた貯金でなんとか生活しています。
でも、これから先、子供達が大きくなるにつれて、お金の負担が確実に増えていきます。

その他にも老後の資金、車の買い替え費用(車がないと買い物にも困るほどの田舎なので必須)、住宅購入などの大きなお金が必要な時期がきた時に、どのくらい資金が足りなくなるのか、またその不足分をどうやって補えばよいのか不安に思っていました。

今回は、お金のプロである「ファイナンシャルプランナー」に相談してみました。



ファイナンシャルプランナーの選び方

日本FP協会ホームページからCFP(FPの上級資格)を持っている人を所在地や相談内容から検索できるようになっています。

その他にもインターネットから「FP(またはファイナンシャルプランナー)」「住まいの地域」と自分で検索をかけて調べたり、タウンページでファイナンシャルプランナーを調べることもできます。

保険会社や保険代理店でも相談できますが、他社の保険商品に自分に合う保険商品があったとしても、その保険会社や保険代理店で取り扱っている保険商品を勧めてくる可能性があり公平性に欠けます。
保険会社や保険代理店のFPでは、あなたの生活を1番に考えた保険商品を勧めてもらえない可能性が高いので注意が必要です。

私はインターネットで独立したFPを探して、お試し相談ができるFPにしました。

ファイナンシャルプランナーに相談したいこと

私がFPに相談したいことは以下の2点です。

  • 家計の支出の見直しで改善する点
  • これからのライフイベントでかかる大きなお金の試算を通じてざっくりとした見通しが知りたい

下記は我が家の平均的な月の支出内容です。

支出項目金額
保険料12,000
日用品費10,000
通信費11500
水道光熱費2,2000
食費50,000
奨学金返済12,500
住居費5,2000
自動車費20000
雑費20,000
合計210,000

保険料には、夫と私の生命保険と医療保険の支払額が入っています。

また、携帯電話(iPhone)は格安SIMを使用しているので毎月の支払い金額はだいたい私と夫の2台で5,000円程度になり、インターネットの固定回線費用が5,000円、アプリ使用料が1,500円です。

贅沢な生活をしているわけでもないのに、夫の収入でのやりくりはギリギリの状態です。

ファイナンシャルプランナーにお試し相談した結果

私は相談する前に、お試し相談の1時間3,000円でどのような相談内容になるのか電話で確認してみました。
相談内容が自分に必要ないことだったとしても勉強代として3,000円ならばあきらめがつく値段なので、お試し相談だしあまり期待しないで行ってみたところ、夫の持って行った収支がわかる書類や奨学金の月額支払いがわかる書類、保険の金額などすべてを見ていただき、支出を見直す必要はないと言われました。

我が家の問題点は収入の少なさだったようです。
夫の会社の交通費で足が出てしまっていたり、あまり昇給を見込めないこと等、今後のお金の問題点を指摘されました。
給与が少ないことによる家計の圧迫だった為に夫も多少ショックを受けていたようですが、私がお金の話をするよりも、他の人からお金の指摘を目に見える形で提示されたことで、聞き入れることが出来たようです。

おかげで私が仕事をしたいという希望に対して、夫はあまり良い顔をしなかったのに、その話を聞いた後で仕事をしていいか聞くと「良い」と言ってもらえるようになりました(笑)

ファイナンシャルプランナーの相談料はどのくらいかかるのか

今回私の場合は1時間のお試し相談ということで、現状の家計の確認と少しのアドバイスをしてもらい3,000円かかりました。
その他ライフプラン表などを作成して見直しをする場合は18,900円の費用がかかり、もし頼む場合は18,900円からお試し相談で支払済みの3,000円分を差し引いてもらえるとのことしでした。

ファイナンシャルプランナーの相談料はFPによってそれぞれ費用が異なりますが、ファイナンシャルプランナー協会のCFPに相談すると、1時間あたり数千円~1万円程度の相談料が一般的なようです。

ファイナンシャルプランナーに相談することで家計の問題は解決するのか

お試し相談の1時間だけでは、家計に問題があるとしても、今後どの時点でどのくらいの金額が必要になるかはわかりませんでした。

お試し相談はあくまで「お試し」なので相談できることに限りがあるのは当たり前ですが、1時間ではまず相談内容の詳しい話くらいしかできないと思いますので、本格的に家計の見直しをしてもらうなら数回はファイナンシャルプランナーと話し合いをしなくてはならないでしょう。

外食を1回我慢して一度「お試し」でも良いので自分の家計を客観的に見てもらうのもありなのではないかと思います。
ちょっと料金が高いのが辛いですが、、、。

我が家はお金を払ってライフプラン表まで作ってもらうことにしましたので、また改めて内容を追加したいと思います。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-お金

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.