習い事

セントラルスポーツの体育教室を体験をしてきました

更新日:

733215 / Pixabay

5歳になった長男の息子が、保育所から帰ってくると、何度も何度も「見て見て」と側転ばかりするので、体操に興味があるのかと思い、「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」が企業理念の、セントラルスポーツの、キッズ 体育スクールに5歳の長男と3歳の長女が有料で体験してきました。

スポンサーリンク

セントラルスポーツとは

セントラルスポーツは、東京オリンピックに水泳選手として出場した後藤忠治さん、金メダルをとった体操男子団体の小野喬さん、遠藤幸雄さん、銅メダルをとった体操女子団体の小野清子さんなど、スポーツの頂点で戦ってきた人たちによって設立されたスポーツクラブです。

40年以上も続いているセントラルスポーツは、24人ものオリンピックの選手を育てきたという実力もさることながら、全国各地に多くの店舗を持っているので、通える人が多いというメリットもあります。

体験予約を取る方法

セントラルスポーツでは、入会する前に、見学や体験をすることが出来るので、自分が「ここなら通えるかな」と試すことが出来ます。

ただし公式ホームページによると、「営業時間内にいつでも、見学・体験が可能です」と書かれていますが、フィットネスなどの利用でなく、キッズ教室への参加の場合は、電話予約をして、見学できる日を決める必要がありました。

実際に体験してみた

子供の保育所が休みの、土曜日の15時30分から体験教室に参加しました。
土曜日ということで、利用している大人も子供も多くいて、キッズ体育教室には20人ほどの生徒が参加していました。

先生の雰囲気は

子供の人数も多いですが、先生も3人と多く、子供たちへの目が行き届いていると思いました。

3人の先生は、みんな若いし、明るいので、先生というより大人のお兄さん・お姉さんが教えてくれているように感じました。
小さい子供は最初、習い事をするときにグズることもあると思います。
しかし、このセントラルスポーツの先生たちは、子供の扱いにも手馴れているようでした。
体験教室をする寸前で、3歳の長女が参加を嫌がり「お母さんも一緒じゃなきゃ嫌だ」とグズり始めましたが、先生が上手く参加に結び付けてくれていました。

体操教室では実際にどのようなことが行われていたか

最初は出欠確認をして、そのあとは皆でそろって準備体操のブリッジをしたり、ジャンプをしたり、ストレッチをしたりしました。
それが終わると、階級別に分かれて、跳び箱やフラフープを使いながら、全身を使いながら体操をしていました。

初級クラスの子たちは、カエルのように両手と両足が地についた状態でジャンプしたり、立った状態から両足でジャンプ、片足でジャンプ、大股開きの状態で歩いたりしていました。
体の動かし方がわからない小さい子供たちにはこの運動も難しいようで、なかなかできない子もいました。
3歳の長女は他の子供たちのマネをして、、少し大きいお兄ちゃんに教えてもらったりしながら、楽しんでいましたが、やはり言われた内容は上手く出来ないので、がにまたで動く部分がお相撲さんがジャンプしているような姿だったり、自分なりにアレンジしてしまいました。

5歳の長男も長女と同じ初級クラスで体験していましたが、中級クラスの倒立や側転が気になって、先生の話をきちんと聞けていませんでした。
ですが、他の子供たちの様子をみながら、難なく言われた動きをこなせていたので、先生からもすぐ中級クラスに移れそうですねと言っていただくことができました。

クラスは数か月に1回あるテストで合格すると、級があがり、級があがると挑戦できる技の難しさがどんどんあがるようです。

体験教室を終えた、子供たちの感想

体験教室中、子供たちがとても楽しんで見えてたので、てっきりと「僕、体操教室に通いたい」と言い出すかと思いましたが、長男は「疲れたから、もう行きたくないな」と言いました。

教室は楽しかったようですが、けっこうハードに動いていたので疲れてしまったことや、自分の好きな側転の動きや難しいマット運動を練習するのではなく、基礎から練習していくのが多いので、また行きたいとは思わなかったそうです。

セントラルスポーツのキッズ教室の料金

各地域によって金額は異なってくるでしょうが、今回行った施設では、週1回体育教室に参加すると、月会費が6,685円(※)かかりました。
週2回通うと月会費が8,845円となるので、1回あたりの料金が安くなります。
時間の都合がつくのであれば、週2回は通いたいところですね。

その他に、入会金や会員カード発行料で約2,000円程度、指定用品を揃えると10,000円ほどかかるので、最初の月は約20,000くらいかかると思ったほうがよさそうですね。
(※スマートサービスという、事故に対する保険、福利厚生サービス付きの金額)

少し料金は高く、月会費が10,000円近くなりますが、週一回水泳、週一回体育教室と組み合わせることも出来るようでした。

駐車場料金は確認が必要

基本的にセントラルスポーツは、駅周辺など立地が良い店舗が多いようですので、徒歩で通うのであれば問題ないですが、車で通う場合は、駐車場の費用を確認しておきましょう。

私は今回提携している駐車場を使ったので、1時間30分の無料駐車場チケットをもらうことができました。
ただ今回は、予定の時間よりも早めに到着していたことや、なぜか2人体験したのに、1名分の受講と思われてしまって割引チケットが少なくなったりしてしまって、400円駐車場料金として払うことになってしまいました。

1回くらいの出費なら、そこまで気にせずにいられても、これが毎回続くなるとちょっと負担ですよね。
車で行く場合は、駐車場料金の確認もしておいた方が良いですよ。

体験教室の勧誘はあるのか

セントラルスポーツの勧誘は、帰り際に今日担当してくれた先生から、少し施設の説明と「今日はどうでしたか。良ければ、また来てださいね」と声掛けされたくらいで、あとは書類を貰ってすぐに帰宅できました。

しつこい勧誘などで、不愉快に思うことはなかったです。

体験させてみた感想

セントラルスポーツのキッズ体操教室は、自由に楽しめるというよりは、みんなが基礎的な身体能力をあげるように、プログラム的な感じがしました。

なので、我が家の長男のように「側転がもっとうまくできるようになりたい」と、目標が明確な状態だと、それを達成するまでにテストを受けたりするのが、面倒くさいと思ってしまう子供もいるんじゃないかと思います。

ただ何事も「継続は力なり」と言いますので、文句を言いながらでも毎回教室に通うことが出来れば、基礎的な体力の向上が望めそうです。
また、マットや縄跳び、鉄棒などの色々な種目の練習ができるので、運動に対する苦手意識というのは少なくなるのでは、ないかなと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-習い事

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.