育児グッズ

子供のアレルギーを悪化させない!?防ダニシーツの効果

更新日:

fujikama / Pixabay


子供のアレルギー対策をしていると、大変だなと思うことってありませんか?

現在5歳になる長男は肌が弱いために、赤ちゃんの頃からよく湿疹が出ていました。
湿疹を小児科の先生に診察してもらうと「これは乾燥だね」と言われ、塗り薬としてステロイド剤や保湿剤を処方されました。
また、「とにかく部屋や体を清潔に保つように」と言われたので、私も出来る限り毎日掃除機をしっかりかけて、布団を干して、カバーを洗ってを繰り返し、子供の体をしっかり保湿していました。

子供の健康の為に頑張って続けるものの、子供の肌は改善しないし、毎日のアレルギー対策も大変。
「どうすれば子供の肌が少しでも改善するんだろう?」「この大変な生活を毎日続けなければならないのか」と不安になり、子供のアレルギー対策に何をすれば良いのか調べてみました。

スポンサーリンク

アレルギーになってしまう原因

よくアレルギーがあると、そのアレルゲン(アレルギーになる物質)を排除するのが良いと聞きますよね。
食物の場合は食べさせてみると口の周りが赤くなったりしてわかりやすいと思いますが、その他にもホコリやダニ、花粉、生き物、環境、添加物、ストレス、体質などいろいろな原因が絡んでたりするので、これが原因だと明確にわかるアレルギーの人は少なく、特定は難しい場合が多いようです。

子供のアレルギー性皮膚炎やアレルギー性喘息の主な原因

アレルギーの原因は様々な要因が関係しています。
アレルギー性の喘息や2歳以上のアレルギー性皮膚炎の場合に関していえば、症状を悪化させる原因としてハウスダストやダニなどが多いと考えられています。
参考までに、2歳より小さい場合のアレルギー性皮膚炎は食べ物が関係していることが多いそうです。

ということは、アレルギー性喘息や2歳以上のアレルギー性皮膚炎がある場合は、ハウスダストやダニを減らすことで、症状の悪化を食い止めることができるかもしれませんね。

布団を清潔に保つための「防ダニシーツ」は効果があるか

子供の為に少しでもアレルゲンの少ない環境を作ってあげたいと思った時に、手軽にできるダニ対策として「防ダニシーツ」があります。

ダニの繁殖する力というのは非常に高く、条件が揃うと数匹のダニが10週間で約300倍になってしまうというような話も聞きます。

こういったダニ対策として、防ダニシーツは特殊な作り方(編み方や素材)によって作られているシーツなので、普通のシーツとは違い毎日布団を干したり、洗濯したりしなくても、寝ている間にダニを寄せ付けず、アレルギーを持っている人達に人気があります。

その防ダニシーツの効果は商品によっても違ってくるようですが、「症状が落ち着いた」「掻かずに眠れるようになった」、「普通のシーツに戻したらまた症状が戻った」などインターネット上の口コミで、実際に効果が見られた人の意見もたくさん見かけました。

アトピー性疾患の発症予防に、「防ダニシーツ」は効果がない?

防ダニシーツは効果があるんだと思っていたところ、日経メディカルでは、「American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine誌8月1日号」に掲載された内容として、

少なくとも発症予防という観点では、赤ちゃんの時からこうした寝具を使っても、2歳までにアトピー性疾患を発症するリスクは変わらないことがわかった

と書かれていました。

先ほどのインターネットの意見とは真逆の意見ですね。

この研究報告は、アレルギー性皮膚炎や喘息の素因を持つ妊婦さんを対象に(防ダニシーツ、普通のシーツ、特に何もしない)3つのグループに分けて、妊娠中から子供が生まれてからも同じようにした結果、防ダニシーツの効果として出たのが、子供が1歳の1年間における夜間の咳のみの違いだったそうです。

ただし最後に、日経メディカルは

今回得られたデータは、「乳幼児期にアレルゲンへの曝露を抑えれば、アトピー性疾患の発症を予防できる」との仮説を否定するものではない。また、既にアトピー性疾患にかかっている人が、こうした寝具を使う意味がないことを示すものでもない。しかし、少なくとも防ダニシーツに関しては、アトピー性疾患の発症予防効果を期待しない方がよさそうだ。

出典:日経メディカル 「幼児のアトピー性疾患、「防ダニ」シーツでは防げないことが判明」

としているので、あくまで発症していない状態での効果についての疑問であり、発症してしまった人に対して効果が無いといっているわけではないのです。

私が子供の為に購入したのは、「ダニゼロック」の防ダニシーツ

上の実験からは発症していない人に対して予防の効果は怪しそうですが、発症した人は防ダニシーツによって、痒みなどの症状が軽くなったという人も多いので、我が家では子供のアトピー対策に実は4年ほど前からヤマセイの「ダニゼロック」という防ダニシーツを使用しています。

ダニゼロックを選んだ理由

生地・布団の内部のダニだけでなく、ほこりや花粉にも有効

生地や布団内部の防ダニ率は100%なのですが、それ以上に私が花粉症で春の季節になるとマスクが手放せなくなる体質でした。
子供2人目を妊娠してからは体質が変わり、花粉症は軽くなったのですが、ヤマセイのダニゼロックはほこりの低減率が75%以上、花粉の低減率が92%以上と高い数字を出してくれていますので、他のアレルギーに対して効果があるところが購入の一番の決め手になりました。

長期間使用してもダニが0

ダニゼロックの公式ページを見ると、

ダニが「ゼロ」を徹底したダニゼロックの敷き布団は、約6年間使用しても布団内部のダニは0匹という測定結果があります。
一方、一般の敷き布団からは約14,000匹のダニが見つかりました。

出典:Danizerock.HQ 「ダニがゼロの理由」

値段が結構高めの防ダニシーツですが、その効果が持続しないと意味がありません。
6年間使用しても効果があるなら、安いシーツを買って毎日洗ったりするよりも節約になるのではないかと考えたことと、14,000匹のダニがいると思うとかなり気持ち悪いなと思いました。

薬剤は一切使ってなく、手入れも比較的楽

防ダニシーツを使う目的として0歳児だった長男の為だったので、とにかく子供に対しては安心して使えるものに気を付けていました。
ダニゼロックは薬剤を一切使っていないことに関して安心して使えると思いましたし、毎日のお手入れとして布団の上をコロコロ(粘着テープ)で掃除するだけでよかったので時間の短縮になりました。

洗濯は汚れてきたかなと思った時に洗う程度なので、以前のように毎日洗濯するわけなく、手入れも楽になり結果、私自身も無理せずに続けられました。

口コミ評価が高かった

大手ショッピングサイト楽天で、ダニゼロックのセットが5点満点中4.47(2016年6月8日現在)と高く、加えて口コミ292件中270件以上が☆4または☆5の評価でした。
※購入当時も口コミ評価は高かったと記憶していますが、評価の数値までは覚えていなかったので現時点の評価を記載しています。

だいたいの商品において悪い評価というのもあるのですが、ダニゼロックの悪い評価として多いのは値段が高いことですので、商品自体に対する不満はほぼないようです。

ダニゼロックを使ってみた実際の効果

夜寝る時に体が温まってしまうのか、よく痒がっていた長男ですが、寝る時にボリボリと掻くような仕草は減りました。
ただ掻く仕草が全くなくなったというわけではなく、回数が減ったという感じです。

ダニゼロックの不満な点

ダニゼロックの不満な点は、「金額が高いこと」と「冬には寒いこと」の2つです。
普通の一般シーツに比べて、特殊な作り方をしていることもあり、ほとんどの防ダニシーツは金額が高いです。
ダニゼロックのシーツ3点セットは、子供用でも21,770円と結構高いのではないかなと思いました。

私の場合、シングルとダブルの布団を合わせて、多少狭いけれども家族5人全員で寝ていますが、防ダニシーツのシングルの3点セットが26,460円、ダブルの3点セットが34,120円とシーツ全部変えた結果が合計60,580円もかかってしまいました。

それともう一点、シーツの肌触りがツルツルしている為、夏場は涼しくてよいのですが、東北地方の冬場にこの肌触りは冷たいです。

夜寝る前に布団に入ろうとすると、いきなり冷たい肌触りに本当に寒い日は辛いなと思いました。

ダニ対策に殺虫剤はどうか?

殺虫剤はダニを一時的に殺す威力があるようですが、完全にダニを殺すことが出来ずに、少し時間が経過するともっと繁殖してしまったという意見があります。

なにより殺虫剤は乳幼児がいる家庭では、人体に対する影響が非常に怖いと思います。

国民生活センターによると

一回使い切りタイプの殺虫剤は、1回に散布される殺虫成分の量は、害虫に対して直接散布するスプレー式殺虫剤の約1本分に相当する。

室内に床板・壁紙などを配置し、殺虫剤を散布したところ、充分換気をすることで、室内空気の殺虫成分は顕著に減少するが、それ以外のカーテン、壁紙、床板などに付着した殺虫成分の量は減少せずに残存していた。

出典:独立行政法人 国民生活センター 「一回使い切りタイプの殺虫剤の室内残存量を調べる」
ところかまわず色々な場所を触ったり、舐めたりする赤ちゃんだったら、ほぼ確実に殺虫剤を口にしてしまうということになります。

殺虫剤は乳幼児がいる家庭は、個人的には出来る限り避けた方が良いのかなと思います。

防ダニシーツの効果について

防ダニシーツの効果については、少し疑問が残ります。
ただ私の子供も防ダニシーツを使ってからは、夜に肌をボリボリ掻く回数が減っていますし、実際に防ダニシーツを使って夜寝る時の痒みなどが改善しているという人もいるので多少なりとも効果は期待できるのではないかと思います。

特にダニアレルギーがあるとわかっている人は、普通のシーツを使うよりは防ダニシーツを使った方が良いのではないのでしょうか。

もし防ダニシーツの購入を検討している人であれば、ダニの侵入を100%防いでくれるものを選びましょう。
1匹でもダニがいれば、それがいつの間にか繁殖してすごい数のダニに変わってしまいますので、安い買い物ではないからこそ、出来るだけ信頼出来る商品を購入できるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-育児グッズ

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.