福島県 子供とお出かけ

子連れでビュッフェを楽しめる「神戸クックワールドビュッフェ」郡山店

投稿日:

buffet1
福島県郡山市喜久田町にあるカフェ&ビュッフェの「神戸クックワールドビュッフェ」に行ってきました。
272席もある神戸クックワールドビュッフェ郡山店の店内は、かなり広々としていて、通路や席と席の距離が広く、ゆったりと食事ができました。

スポンサーリンク

神戸クックワールドビュッフェとは

神戸クックワールドビュッフェは、受付でお金を支払ってから食べる前払い制のビュッフェです。
順番(または氏名)を呼ばれたら、人数確認後に会計を済ませます。席札のあるプラカードと制限時間の書かれた紙を貰い、席札に記載されている番号の席に着席します。
初めての来店の場合は、お店の人が案内してくれますよ。

そのあとは、制限時間まで、自由にゆったりと食事を楽しむことができます。

ドリンクや食事を好きなだけ食べられますが、メニューが多いので、私はどこから食べようか目移りしていしまいました。
食べ残しは基本的にないようにするのがマナーですが、どうしても食べきれない分は飲み残し、食べ残しを捨てる場所があるのでそこを利用しましょう。

料理の種類はどんなものがある

世界10カ国、80種類以上のメニューが揃っています。

主食のごはんやそばなどの麺類、ピザやパスタ、フライやスープ類、サラダなどの野菜や、カレー、デザートと一通り種類は揃っているので、物足りないという感じはしませんでした。

私のおすすめは、デザートです。
一口で食べれる生ケーキ、杏仁豆腐、コーヒーゼリー、ヨーグルト、プリン、シュークリームなど種類がたくさんあります。
チョコレートファウンテンや、自分で作れるクレープ、パンケーキ、ワッフル、アイスクリームなども人気があり、クリームやチョコレート、フルーツのトッピングも自由に出来ますが、夫のお気に入りはなぜか杏仁豆腐。

夫は「置いてある杏仁豆腐は全部食べる」とか言いながら、たくさん持ってきます。
buffet2

子供はキッズメニューが無いものの、キッズチェアとバウンサー型の子供用いすが2種類用意されているので、しばらくは椅子に座って食事に集中してくれていました。

5歳の長男は一緒にアイスクリームやケーキを持って来てたくさん食べていましたので楽しむことができたようです。
また、3歳の長女と、1歳になったばかりの次女は、私が食べれるものを考えて取り分けてあげると嬉しそうに食べていました。
キッズメニューがなくても特別困ることはありませんよ。

離乳食が始まったばかりというお子さんは、一緒に食事というのは難しいかもしれませんが、離乳食完了に近ければ、大人と一緒に何かしら食べることができると思います。

神戸クックワールドビュッフェ郡山店の場合、1つ難点と感じるのは、温かい飲み物の場所が、冷たい飲み物の裏側(反対側)にあるために見落としてしまいます。冷たい飲み物は料理が並んでいる側にあるから目につかないのかもしれません。

郡山店で温かい飲み物を探すときは、冷たい飲み物の裏にありますので探してみてくださいね。

神戸クックワールドビュッフェの値段

ランチ、ディナーや性別、年齢によって値段は違ってきますが、1人が2,000円いかない値段なので、ビュッフェにしては価格が安い方だと思います。

3歳以下は無料で、4歳になっている子供からお金がかかります。
ドリンクは価格の中に入っていますが、アルコールは別途で料金がかかります。

※ただし店舗や季節によって、金額が異なる場合がありますので注意しましょう。

参考までに、2016年08月12日現在の郡山店の価格はこうなっています。

今回ランチを家族5人でしたところ、女性1名、男性1名、4歳以上のキッズ1名で2,900円かかりました。
ファミリーレストランを5人でいくと、同じくらいの値段かかりますので、特別高いとは感じませんでした。

子連れでも楽しめる設備が充実

神戸クックワールドビュッフェ郡山店では、6歳までが使える大きな窓のあるキッズスペースが設けられており、DVDが見られたり、小さな滑り台が置いてあります。

キッズスペースのある場所はそれほど大きくなく、小学生以上は入れません。
キッズスペース近くの席を割り当ててもらえれば、大人はゆっくりとご飯を食べながら、子供はキッズスペースで自由に遊ぶことができるので、子連れでも楽しめるのが嬉しいところです。

ただし、キッズスペースは、子供から目を離さない、飲食物の持ち込みはしないようにと注意書きがありました。
私たちは、キッズスペースの場所から少し離れた場所に席があったので、子供たち3人が食事が終わると、夫と私が順番で見ながら遊ばせておいて、子供を見ていない方がビュッフェを楽しむようにしました。

トイレにおむつ替えスペースがある

トイレの数は、女子が個室3つ、男子が個室1つと少なく、混雑時には並んで待つ必要がありました。

多目的トイレの数は1つしかないのですが、ベビーカーや車いすのままでも入れるようになっており、トイレの中は広々として、おむつ替えができる台も置いてありました。

ただし多目的トイレには、子供を座らせておく椅子がありません。
小さいお子さんがいるなら、ベビーカーごとトイレに入るなり、一緒に入ってもトイレでいたずらしないように見張っておく必要がありました。

喫煙ルームが別に完備されている

ごはんを食べている途中でもタバコは吸いたいという人の為に、喫煙ルームが完備されていました。
暑かったり、寒かったりする中、「ちょっとたばこを吸いに・・・」と外まで行かなくていいのは、喫煙者には嬉しいのではないでしょうか。

定休日はいつか

2016年8月は、どの店舗も毎週火曜日が臨時休業となっているようです。
臨時休業ということは、休みが無い月もありそうですが、行く前には公式サイトで確認した方が確実ですね。

[blogcard url="http://www.world-buffet.com/index.html"]

事前に予約したり、お得になるEPARKファスパ

全国の様々な施設の混雑状況などを管理する、EPARKファスパに登録すると、来店時間を指定して受付できたり、当日に行く前の順番待ちの受付ができりします。
[blogcard url="http://epark.jp/"]

他にも来店するたびに、クーポンを貯めることができてお得になる特典があります。

10回来店で、200円割引のクーポン
20回来店で、400円割引のクーポン
30回来店で、600円割引のクーポン

30回来店して、割引クーポンを使わず、繰り越しすると1,200円の割引になるので、お得ですね。

神戸クックワールドビュッフェ郡山店は、レジの横にあるカメラにQRコードをかざすことでポイントがたまります。

ただし、このEPARKのファスパによる事前予約は、PC、携帯によって簡単にできますが、席を完全に確保しているわけではなく、その時間に優先的に入れますと言った内容なんですよね。

それでも混雑状況がわかったり、時間になると優先的に入れるので、出来れば登録しておいた方が良いかなと思います。

神戸ワールドビュッフェに行くなら、平日がおすすめ

平日は時間制限がなく、土日お盆期間などの祝日は制限時間が90分とされています。
なので、神戸ワールドビュッフェに行くなら、混雑が少ない平日がおすすめです。

雰囲気の良い店舗で、食事を楽しみながら、お腹がいっぱいになったら、少し休憩して、またお腹がすいてきたら食べるの繰り返しは、確実に太りそうではありますが、至福の時になりそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-福島県, 子供とお出かけ

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.