子供の病気

子供がアデノウィルス感染症になってしまったぞ!!

更新日:

cold-girl
先週4歳の長男、2歳の長女が立て続けに急に39℃近くの高熱が出ました。
慌てていつも通っている小児科にこども達を連れて行くと、先生からは「アデノウィルスに感染しているね」と言われましたが、こども達がアデノウィルスに感染するのは初めてなので、一体どのような病気なのか調べてみました。

スポンサーリンク

アデノウィルス感染症とは

乳幼児から学童・生徒などの間に多いウイルスの一つです。
このアデノウィルスは現在49種類(分類によっては51種類)が知られており、この種類の違いによって症状が違ってきます。

多くの場合の潜伏期間は5~7日で、感染経路は便・飛沫・直接接触によります。

こどもの病気として「アデノウィルス」を耳にしたことがある人もいると思いますが、大人も感染しますのでこどもを看病する時には自分もかからないように注意してください。
アデノウィルスは免疫がつきにくいこともあり、残念ながら一度かかってもまた感染することが大いにありえます。

アデノウィルスの検査について

アデノウィルス感染症の検査は簡単なものなので、4歳の長男も2歳の長女も、診察時に太めの綿棒みたいなので喉をなでて、液を採取していました。

10分ほどで検査結果が出るのですが、この検査はこども達は痛かったのか大号泣していました。
私は検査しようした時に、あまりにこどもが嫌がってバタバタしてしまい、抑えているはずの腕が何度も外れてしまいちょっと大変でしたが、喉に綿棒をつけて液を採取するだけなので、こどもが動かなければ一瞬で終わります。

アデノウィルスにかかった、こども達の様子は?

我が家の場合は咽頭結膜熱(プール熱とも呼ばれる)だったようで、突然39℃の高熱を出しましたが、高熱以外の症状はありませんでした。

高熱以外の症状が無いので、冬ということもありインフルエンザも疑われましたが、最初に高熱が出た娘の喉が赤くなっていたので、アデノウィルスの検査をした結果陽性反応でした。

長男の通っている保育所ではアデノウィルスにかかっている人はいないですし、長女は私が家で見ているので感染源はまったく不明です。

 

症状としては長男は4日間、長女は5日間40℃前後の高熱が続いていましたが、長男は体力があるからか高熱があるわりには元気があり、「保育所を休めるなんて嬉しいな」なんて言いながら、家の中で楽しそうに遊んだり、食事も多少は食欲が落ちていましたが、水分もしっかりとり、ご飯も食べれていました。

2歳の長女は下痢もしていて、食欲がなく、水分をとるのも嫌がるような状態でしたが、小児科の先生から「水分だけはしっかりとるように」と言われていたので、こまめにとるように無理矢理飲ませました。
それでも高熱からか動くのが辛そうで、ほとんど布団の上で寝ていて、寝ている途中は喉の痛みがあるのか急に泣き出したりを繰り返したりしていました。

 

長女には水分補給を嫌がるので、私がこまめに水分をとらせていましたが、おしっこの回数も1日1~2回と少なく(色は濃い黄色)、顔の皮膚がカサカサしてしまっていましたので、脱水症状に近い状態になってしまっていたと思います。

高熱が下がってからは起きている時間は多くなりましたが、なかなか食欲は回復しなかったです。

アデノウィルスの治療方法

小児科の先生から「風邪と同じように症状をやわらげる薬はあるけど、ウィルスを撃退してくれる薬はないんだよ」と言われ、一応熱さましを処方されましたが、一時的に熱が下がってもまたすぐ高熱が出るから、本人が辛そうでなければ使う必要はないそうです。

アデノウィルスにかかったら、水分補給をしっかりして、家の中で安静にしてゆっくり過ごし、あとはもう熱が下がるのを待つ以外ないようです。

幼稚園・保育園、小学校などはどうする?

アデノウィルスは感染力がかなり強いので、熱が下がって症状が落ち着いても、その後2日程度は休む必要があるそうです。
熱が下がればこどもは元気になるので、外に行きたがる可能性が高いですが、人の多い所への外出も控えましょう。

我が家は熱が下がってから、とりあえず家で飽きないようにDVDを借りに行って、一緒に見たりしてなんとか過ごしました。

時間がたてば、アデノウィルスは自然に回復する

一部重症化する場合を除けば、アデノウィルスは時間が経過(3~5日程度)すれば、自然に治っていきます。
40℃近くの高熱が出て心配になりますが、熱が高いわりには元気があるのがこの病気の特徴だと先生も言っていましたので、まずは脱水症状にだけならないように水分補給だけはこまめにしてあげてください。

脱水症状にならないようにするためにも経口補水液を飲ませるのが良いのでしょうが、味が美味しくないので我が家のこどもたちは嫌がりました。
なので面倒くさがり屋の私は、ポカリスエットの1.5リットルを3本買ってきてこども達に飲ませていましたが、経口補水液は自宅でも水・砂糖・塩があれば簡単に作れますし、果物やジュースを加えることで飲みやすくなるそうですので、余裕が少しある人は試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-子供の病気

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.