子育て・育児

産後の母乳育児!! 実際どんなふうにすすめたか

投稿日:

こんにちは。
3人の子どもの母親になったたまゆらです。

毎回、新生児の時期の可愛さはたまらないな~と毎日赤ちゃんを見ながら思います。
この時期って本当に一瞬で大きくなって、すぐに生意気になってくるんですよね。
本当にすぐに大きくなるんだもん・・・。

 

さてこの新生時期の中でたまゆらは毎回、最初の難関の母乳育児の体験について書いていこうと思います。

最近は母乳神話によって、お母さんたちが疲弊しているなんて記事がありましたね。
それに対して、北斗晶さんの「出ないもんは出ないんだよ。」とサイトの中でお母さん達にエールを送っているのを見て、確かにそうだなと思います。

 

たまゆらは北斗晶さん好きなんですよ~。
あの肝っ玉母さんと言うか、自分にはない強さに惹かれます!!

たまゆらはぐちぐちとうるさいような、面倒くさいお母さんなんで(笑)

 

さて話を戻して、今回3人目を出産後のたまゆらの母乳育児が軌道にのるまでですが、まず最初の初日は母乳が出ませんでした!!
おっぱいは張らないし、大きくなってもいない、赤ちゃんが泣くたびにおっぱいをくわえさせましたが、あきらかに何にも出ていない状態でした。

初乳はすごく栄養があって良いと言われますが、たまゆらはそんな黄色のおっぱいなんて出ませんでしたよ!!

 

ただし、出産当日は赤ちゃんも出てきたばかりで疲れているらしく、ほとんど眠っている場合も結構あるそうです。
たまゆらの次女もそうでした!!

だけど次女は当日の夜には覚醒し、泣くたびにたまゆらはおっぱいをあげていましたがやはり出ていないので、すぐに起きては泣いていました。

 

2日目も同様で、やっぱりおっぱいはぺっちゃんこのままであきらかに出ていませんでした。
そしてなんとここで問題が発生!!

当日はおしっこ・うんちが何回も出ていたのにも関わらず、2日目はウンチやおしっこがほとんど出ていない・・・。
赤ちゃんがどのくらい飲めたかどうか計ってみると、なんと0g・・・。

病院にあったベビースケールは2gずつ増えるものだったから、もしかしたら1gくらいは飲めたかもしれないけど、まったく出ていないもしくはあきらかに量が足りないんです。

 

看護師さんから「お母さんが頑張れるなら頑張ってもいいけど、今日の夜まで待ってウンチが綿棒で刺激しても出なかったら、粉ミルクを足してあげてくださいね」と言われました。

必死に昼間は泣けばおっぱいをあげましたが、頑張っても結果には結びつかず、ウンチも出ないのでその夜は粉ミルクを飲ませました
すると赤ちゃん、3~4時間くらいぐっすり眠ってくれました!!

 

粉ミルクすごいぞ!!

腹持ちが良いと聞いていたけど、ここまでとは!!

 

そのおかげでたまゆらもぐっすり眠れて、少しおっぱいが大きくなってきました。

 

3日目からは母乳もだいぶ増えてきたようで、1回母乳を飲ませると体重も数g~十数gの増加が見られるようになった為、母乳だけでもいいよと看護師さんに言われたのでその日からは母乳だけにしました。

夜に何度も起きるようなら、粉ミルクを足そうと思ってましたが、有難いことに次女が3時間くらいまとまって眠ってくれていたので、この時は粉ミルクは足さなかったです。
おっぱいも少しずつ張ってきて、大きくなってきて良い感じ。

 

4日目になると、だいぶおっぱいも大きくなってきて張るようになってきました!!
赤ちゃんの体重もちゃんと増えてきて、おしっこ・ウンチも出るようになりました。

増加の目安までは少し足りなかったようですが、きちんと飲めてるので問題ないそうです。

 

今回母乳育児をしようと最初はかなり気を張っていましたが、そうだよね。
なんとなく母乳神話を気にして母乳育児しようと必死に1人目・2人目頑張ってきたけど、本当に毎回入院中はゆっくり眠れなくて大変だったな~。
今回みたいに粉ミルクを足したって、赤ちゃんもたまゆらも元気ならそれも1つの方法だよねと思うようになりました。

粉ミルクを足しても母乳は出る時は出るんだし、出ない時は本当に出ないものだしね。

 

そして退院してから母乳だけでしたが、産後7~8日後に今度はおっぱい張りすぎて痛い!!そして乳首もちょっと痛い!!(笑)
赤ちゃんに飲んでと起こそうとするものの、ぐっすり眠って起きない赤ちゃん。

乳首も痛いので、色々な体制の抱き方でしっかりくわえさせましたが、2日間くらいは授乳のたびに激痛にあいました。

 

おっぱいは張りすぎて母乳パッドはビショビショ。
産後10日くらいたつと落ち着いてきて、おっぱいも痛みがなくなったけど、1人目の時はこれで乳腺炎になっていました

 

おっぱいは出なくても、出すぎても辛いんですよね。
妊娠中も大変ですが、お母さんになってからも苦労の日々?が続いています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-子育て・育児

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.