妊娠・出産

安産や妊娠中の体重増加を抑える為の妊娠中の運動!! でも、妊娠中の適度な運動って何?? 

投稿日:

妊娠中ってどのくらい動いたほうがいいの??
3人目を妊娠中のたまゆらですが、いまいちよくわかっていません。

 

1人目の時は妊娠8ヶ月まで仕事をして、その後はよく歩いていました
2人目の時は子どもを連れてよく歩いていましたし、妊娠後期はやっぱり1時間くらい歩いていました
3人目は、、、引越しして、車移動がほとんどなので動く機会が少なく、太っちょ妊婦さんになっていて歩く以外の運動を知りません(笑)

 

妊娠の為の雑誌や本の中には、「適度な運動は妊娠中に良いです」と書かれていますが、適度ってどのくらいなんだろうと不思議ですよね。

それじゃなくても妊娠中は悪阻があって食べ過ぎたり、食べれなくて大変だったり、動きにも制限が出てきたり、体調が悪かったりと自分の思い通りにはいきません。

 

ようやくたまゆらが安定期になったので運動を始めようとストレッチをしていると周りの人に「無理しないで」と止められるし、朝晩ウォーキングをしていても「無理しないで」と近所の人に心配されたり、子ども2人を車のチャイルドシートに乗せようとするだけでお腹に負担だから私がやると義母が変わってくれたりと運動がしにくい環境ですが、妊娠6ヶ月から急にお腹が大きくなって動きも遅くなったし、体重も急激に増えたので、出来るだけ皆に見つからないようにひっそりと朝晩ウォーキングをするような毎日です。

でもこの朝晩の1日15分程度のウォーキングさえ「はぁはぁ」言ってしまい、自分の運動不足や筋力の低下が目に見えて実感しています。
このままで出産の時に大丈夫なのかなとすごく不安になります。

 

調べてみると何ヶ月も産婦人科で安静を言い渡されている人もいるようですが、無事出産をしている人も多いようですね。
ただし、やはり動けるなら出産に備えて筋力があったり、関節を柔らかくすることで陣痛が進みやすかったりと出産を楽にしてくれるそうです。

 

たまゆらは今のところ妊婦検診でも何の異常もなく、「ヨッコイショ!!と持つような重い荷物を運ばなければ、あとは普段とおりの生活でいいよ」と産婦人科の先生には言われてます。

ということは、たまゆらは妊娠7ヶ月の今は動いた方が良いってことですよね~!!

運動不足だし、現在体重の増加が止まらないので動いてカロリーを消費させたいので、歩く以外の体力作りの方法を知らないので調べてみました。

 

ちなみに、本格的に運動を薦められる時期は妊娠16週以降(妊娠中期)が目安だそうです。
妊娠初期に運動をしていけないということでは無さそうですが、まだ体調が安定しないので「軽めの運動なら大丈夫」のようですが、この軽めの運動というのがたまゆらにはわからないので誰か教えて欲しいです。

 

その為、今回は本格的に運動をしようとする人が多くなる妊娠16週以降(妊娠中期)の運動について調べてみました。

 妊娠中に行える運動

■ ウォーキング・・・
無料でいつでも誰でも手軽に出来る有酸素運動です。
自分の体調の良い日を選んで気軽に出来るので、実践している妊婦さんも多いはず。

たまゆらも妊娠6ヶ月に入ってからお天気の良い日に朝晩と1日2回15分ずつ行っています。
妊娠7ヶ月の現在、一生懸命に歩いてるのにもかかわらず体重は増加してるので効果は???ですが、少しずつ長い時間歩けるようになってきたので体力作りにはおススメです。

参考までに、娘の妊娠中に息子(1歳半)を連れて散歩していましたが、助産師さんから「ちっちゃい子どもさんと一緒ではゆっくりのペースになってしまい意味がないので、1人で歩いてください」と言われました。
運動の効果をあげる為に、夫に子どもを任せて今は1人で黙々と歩いています。

[消費カロリーの目安]1時間 160kcal程度消費 (体重50kg)

 

■ マタニティースイミング・・・
産婦人科によっては先生や助産師さんから許可を貰うと、病院内などで行われているマタニティースイミングに参加できます。
天候も関係なく、水中での浮力によって、体に負担をかけずに楽しく運動を行うことができるので楽しそう。
たまゆら友人は泳げませんでしたが、プールの中で歩くだけだから簡単だったよと言っていました。

マタニティースイミングで無い場合の普通のジムに通いたい人は、妊婦が通えるかどうか事前に問い合わせをした方が良さそうです。

[消費カロリーの目安]1時間 198kcal程度消費 (女性)

 

■ マタニティーヨガ・・・
筋肉をほぐして、必要な筋力をつけて、出産時に使う深い呼吸を学びながらリラックスができます。
そして腰痛や肩こり、むくみなどの妊娠中の不調も改善する効果がある為、最近人気があります。
DVDや本も出ているし、病院で実際に通うことも出来るので、自分にあった方法で行うことが出来ますし、産後も赤ちゃんと一緒に出来たりと長く楽しめます。

たまゆらが気になっているDVDはこれ!!

ちょっとお値段が高いのが気になりますが、30分間本格的に運動が出来そうなのが良さそう!

[消費カロリーの目安]1時間 120kcal程度消費 (体重50kg)

 

 妊娠中には出来ない運動

■ ひねる運動や重いものを持つ運動・・・
マタニティーヨガのようにゆっくりひねる運動は大丈夫なようですが、強い力で急にお腹をひっぱるのは負担がかかるそうです。
そして重いものを持つとお腹に力が入ってしまい、流産や早産などの原因にもなってしまいますので危険です。
例] テニス、ゴルフ、野球、卓球、砲丸投げ

■ 両足でジャンプや転倒や衝突するような団体競技、激しい運動・・・
激しい運動はお腹に振動が直接伝わってしまうのでNG!!
団体競技はまず、自分の体調によって他の人に迷惑をかける可能性が出てきますし、なんといっても妊娠中というのは自分の体調がいつどうなるのかがわからないものです。
そのうえ、お腹に赤ちゃんがいる状態で他の人とぶつかったりしたら胎盤が剥がれてしまったりする可能性もあり危険です。

例] バスケットボール、サッカー、マラソン、縄跳び、スノボー、バレーボール

 

とはいえ、何でもダメダメじゃストレスが溜りますよね!!

そしておススメスポーツはわかりやすいのですが、やってはいけない運動と言うのはこれがダメという定義が少なく、お腹に負担をかけるようなスポーツはNGと本に書いてあったりと曖昧かなと思いました。
好きなスポーツがある人は、産婦人科の先生ときちんと相談してみるのが一番良いと思います。

そして、おススメの運動も自分のペースで無理をしすぎないことが重要のようです。
疲れているのに無理して動けば、それは逆効果にもなりかねません。

無理しすぎて、たまゆらは1人目の時、お産のときに体力がなくなり、陣痛がすすまなかった経験があります(笑)

楽しく、ゆっくりと、元気にお産ができるように長く続けられるような運動が妊娠中には適しているようですね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-妊娠・出産

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.