妊娠・出産

不安と嬉しさが入り混じりの、3人目妊娠!

更新日:

最近、サイトをまったく更新していませんでした。
突然ですが、実は3人目を妊娠しました。
計画的妊娠なのですが、実は3人目はどうするかとても悩みました。


2人いるんだからそれで十分じゃないかな?
金銭的に大丈夫なのか?
体力的には大丈夫なのか?
今いる子ども達に負担はないのか?
本当に自分達は3人も育てられるのか?

本当に色々悩みました。
一番、悩んだのはやはり金銭的な面です。
子どもが今のように小さい場合の出費は、急に3倍にはならないと思っています。
市町村によって補助は違うのでしょうが、たまゆらの場合だと保育所料金は1人目だとその所得に応じて払いますが、2人目は半分、3人目だと無料なので、その他、食費やオムツ代などの雑費がかかるくらいです。

生活的にきつくはなりますが、小さい頃なら正直なんとか生活が出来ると思いました。
もちろん夫の給料は正直高くないので、かなりカツカツになってくることは予想できますが、ここまではやれなくはないと思います。

問題はその後です。
そう部活動、習い事、その他塾代などがかかってくることです!!
これは絶対3人分かかることが目に見えています。

大学費用はカツカツながらも、3人分なんとか死守しながら貯金をしているんですが、その他に関してはもうさすがに足りません。
これだって絶対貯められるという余裕のある状態ではないんです。

そんな状態で、本当に3人目を作って大丈夫なのだろうかと強く不安になりました。

なので、夫ともかなり話し合いました。
夫はもとから、子どもはたくさん欲しいと思っていたようですが、やはり現実を考えるとかなり大変なことなので同じように悩んでいました。

2人の中での意見としては「子どもが2人ならやっていけると思うけど、3人は正直自信がない」というものでした。

何度も話し合った結果、、、それでも、3人目を考えることにしました。
自信はないけど、やっぱりもう1人産みたい。出産に関してはある程度、年齢が限られている。子ども2人で遊んでいる時の顔を見たら、なんとかなるじゃなくてなんとかしよう」という気持ちになりました。

3人目を考えるにあたって、金銭的にはきついので、産後は私が仕事をすることが前提です。
産後の不調などもあるかもしれませんし、すぐに仕事が見つからないということも考えられますが、とりあえず働くのを目標にします。

そして仕事をするようになれば、どうしても2人では病気の時など対応が難しくなることを予想して、対策として夫の実家近くに早めに引越ししました。

友人達に妊娠を報告すると、口を揃えてみんな「3人なんて無理。1人の子どもに時間を掛けてあげたいし、お金も掛けてあげたい」と言われました。
確かにそういう考えも良いと思います。

子ども1人にお金も時間も掛けてあげれば、子どもも幸せを感じられるだろうなと思います。

私の目の前には、お金的余裕、時間的余裕はたぶん3人になることで無いと思います。
でも、今長男は私の妊娠をすごく喜んでくれています。
長女は小さいので、いまいち妊娠をわかってないように感じますが(笑)

子どももそれを幸せと感じるか、不満に感じるかはわかりませんが、うちは5人家族で楽しかったと思えるようにしたいです。
妊娠した今でも不安は多くありますが、出来る限り頑張っていこうと思います。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-妊娠・出産

Copyright© たまゆら暮らし手帖 , 2019 All Rights Reserved.